パーソナルツール
現在位置: ホーム センター紹介 メディアセンター入門 教育支援

教育支援

※このページは主に教員向けの情報です。

メディアセンターでは、教育へのICT(情報通信技術)活用をお手伝いしています。また、メディアセンターが運用する端末室で効率的に授業が行えるように環境を整備しています。

授業支援システム

教室での授業を、Webの機能を使ってさまざまに支援することができます。例えば:

  • 予習用の資料や、授業で提示した資料などを PDF にして配布する
  • レポート管理機能を使い、いつでもどこでもレポートの提出と返却を可能にする
  • オンラインテストを使って学生の理解度を確認する
  • 電子掲示板で質問を受けつける、学生同士のディスカッションの場を提供する

授業支援システム(Lerning/Course Mamangement System, LMS)は、このような機能をパッケージにして、簡単に使えるようにしたものです。

メディアセンターでは授業支援システムを運用して、教員の皆さんがいつでも使えるように準備しています。履修登録システムである「もみじ」と連携もしていますので、「もみじ」の授業情報のページからワンクリックで授業支援システムを利用できるようになっています。利用する上での技術的な質問にももちろん対応しています。

授業支援システムは、通常の授業の支援だけではなく、授業外の教育活動の支援、さらにもっと大規模な全学的活用も可能です。「このような使い方はできないだろうか」というようなご相談がありましたら、メディアセンターの質問窓口へお送りください。

端末室利用

ICE端末を使った授業をしたい場合には、教室の予約をしてください。教室により、メディアセンターで予約を受け付けている所と、各部局支援室で受け付けているところがありますので、メディアセンターの「端末室の予約」のページで確認してください。

出欠管理

ICE端末では利用記録をとっていますので、これを使って授業への出席を確認することができます。もちろん、該当IDでのログインがあったかどうかを調べているだけであり、本人の確認をしているわけではないことはご了承ください。利用登録をすると、Webシステムを使って毎週の出欠を自動的に取ることができます。

端末のない普通教室では、学生証を使った出席記録が可能です。ICカードリーダがついたパソコンを用意したうえ、メディアセンターで配布しているソフトウェアをインストールして、学生がそれぞれの学生証を読み取らせることで出席を記録します。

どちらのシステムを使う場合も、出席記録はテキストファイルとして得られますので、Excelや授業支援システムへ取り込んで管理することができます。

ドキュメントアクション
サービスへのリンク
利用相談
利用登録システム
パスワード
ウェブメール Active!Mail
Bb9
アプリケーションサーバ
VODポータル
ネットワーク利用申請サービス

IMC入門

クラウドガイドライン

情報セキュリティ・コンプライアンス教育

セキュリティ情報

ICE端末の利用状況

ICE端末の利用状況(携帯版)

ISMS認証取得

JIS Q 27001:2014
(ISO/IEC 27001:2013)
IC14J0392
認証登録番号:IC14J0392

JIP-ISMS517-1.0
SC16J0003
認証登録番号:SC16J0003