パーソナルツール
現在位置: ホーム センター紹介 メディアセンター入門 教育用情報端末

教育用情報端末

メディアセンターでは、学内14カ所に900台以上のパソコンを設置し、大学の構成員であれば誰でも利用できるように準備しています。みなさんが作成した文書ファイルなどはメディアセンターのファイルサーバに保存されるので、どのパソコンを使っても同じように作業ができます。

パソコンが置いてある場所は、図書館の中だったり教室だったりさまざまです。利用形態も一日中自由に使える所や、授業が多く入っていてなかなか使えない所もあります。

上図に、東広島キャンパス内の端末設置場所と設置台数を示しました。青い丸の大きさが端末の設置台数と比例するようにしています。以下のページに設置場所の完全な一覧表を掲載していますので、利用可能時間など詳細はこちらを参照してください。

どの場所も、公共の室内スペースですので節度をもって利用してください。飲食・喫煙はもちろん禁止です。これらは同室の利用者にも迷惑がかかりますし、パソコンの故障の原因にもなりかねません。

また、ほとんどの場所で、入室の際に学生証・職員証が必要です。学生証・職員証は、身分証明書ですし、後述のようにパソコンの利用開始のときにも必要になりますので、常時携帯してください。

ICE端末

パソコンを使った授業や、学生の日常利用のために、共用端末975台が学内各所に設置してあります。この端末をICE端末と呼んでいます。

さまざまな使い方ができるように、ICE端末では二つのOS(基本ソフトウェア)が使えるようになっています。使い始めるときに電源を入れ、OSを Linux (Ubuntu) と Windows 7 の二つから選択してください。
(Linux(Ubuntu)のみが動作するICE端末もあります)

電源を入れてOSが動き始めたら、ログイン(使っている人が誰かをパソコンに認識させること)をする必要があります。学生証・職員証をICカードリーダにタッチさせ、広大パスワードを入力します。

ICE PC and Card Reader

このログイン操作が成功すると、ICE端末を利用できるようになります。ICE端末で作ったファイルは、メディアセンターのファイルサーバ(ファイルを集中管理し、多数のコンピュータで共有できるようにするもの)に保存されるので、どこのICE端末にログインしても同じように作業できます。逆に言うと、あなたの学生証を使ってあなたのパスワードを入力すれば、他の誰かがあなたの作ったファイルを読んだりすることができてしまうことにもなります。学生証と広大パスワードは大切に管理し、他人に預けたり教えたりしないようにしてください。

ICE端末では、オフィスソフト(ワープロや表計算ソフトなど)やWebブラウザ(ホームページを閲覧するためのソフト)などに加えて、統計解析ソフトや数式処理ソフト、プログラミング開発環境なども利用できるようになっています。

マルチメディア工房

西図書館2Fのマルチメディア工房では、画像編集、ビデオ編集、Web制作、音楽制作などマルチメディアに関わるさまざまな作業ができるよう、ICE端末とはひと味違うパソコンを用意しています。

27インチの大型ディスプレイを持つ iMac を20台設置、PhotoshopやIllustrator, InDesign, Premiereなど専門的なソフトウェアを使えるようにしています。

プリンタ

ICE端末がある部屋には、モノクロレーザープリンタが置いてあります。また、学内3カ所のメディアセンタースタッフが常駐する事務室に、カラーレーザープリンタもおいてあります。ICE端末とマルチメディア工房iMacでは、あらかじめこれらのプリンタに印刷ができるようになっています。

これらのプリンタへの印刷は、有料です。A4モノクロが3円、カラーが12円です。MYple (学生証にチャージする生協の電子マネー)で支払います。

メディアセンターのプリンタは通常のものと異なり、印刷操作をしてもすぐに印刷が開始されるわけではありません。パソコンでの操作のあとにプリンタのところへ行き、学生証を挿入、印刷指示をします。実際の用紙に印刷が行われると、学生証の電子マネーから料金が支払われます。

また、学内ネットワークに接続した他の(ICE端末でない)パソコンでも、これらのプリンタに印刷するように設定することができます。

スキャナ

メディアセンターのカラーレーザープリンタは、フルカラーでA3用紙まで読み取りできるイメージスキャナとしても利用できます。自動原稿送り装置もついていますので、綴じていない用紙であれば枚数が多くても高速に読み込むことができます。

読み込んだイメージファイルは、USBメモリに保存することができます。

紙へのコピーに比べて消費する資源も少ないですし、無料です。ぜひ積極的に活用してください。

ドキュメントアクション
サービスへのリンク
利用相談
利用登録システム
パスワード
ウェブメール Active!Mail
Bb9
アプリケーションサーバ
VODポータル
ネットワーク利用申請サービス

IMC入門

クラウドガイドライン

情報セキュリティ・コンプライアンス教育

セキュリティ情報

ICE端末の利用状況

ICE端末の利用状況(携帯版)

ISMS認証取得

JIS Q 27001:2014
(ISO/IEC 27001:2013)
IC14J0392
認証登録番号:IC14J0392

JIP-ISMS517-1.0
SC16J0003
認証登録番号:SC16J0003