パーソナルツール
現在位置: ホーム センター紹介 メディアセンター入門 マイクロソフト包括ライセンス・ウィルス対策ソフトウェア

マイクロソフト包括ライセンス・ウィルス対策ソフトウェア

広島大学ではマイクロソフトの主な製品を、構成員全員が利用できるように一括してライセンス購入(マイクロソフト包括ライセンス契約)しています。これにより、学生・教職員はマイクロソフトの主な製品を無償で利用できます。このページではマイクロソフト包括ライセンスで何が利用できるかについて紹介します。インストールやライセンス認証な どの方法や利用範囲の詳細は以下のページをご確認下さい。

ダウンロードページ

マイクロソフト包括ライセンスのページにアクセスして、包括ライセンス(OS,Officeなど)またはウイルス対策ソフトの「申請・ダウンロード」からダウンロードを行えます。

※ 広大IDとパスワードが必要になります。

null

利用できる製品

詳細な説明は包括ライセンスのページの「ソフトウェアの種類」を参照してください。

Windows OS(アップグレード/ダウングレード)

Windows 10, Windows 7などオペレーティングシステムのWindows OSのアップグレードまたは Mac に Windows を追加してインストール(BootCamp, VMwareなど使用)をすることができます。

Windows OSまたはApple Macintoshのライセンスを持っている必要があります。

Microsoft Office

Microsoft Office(Word, Excel, PowerPointなど)のWindows版およびMac版の製品をインストールして利用できます。

新規にインストールして利用できます。
個人所有PCにはOffice365サイトからProPlusをダウンロードしてインストールします。

ウイルス対策ソフト

Windows(*)用(SCEP・FEP) とMac用(SCEP for Mac)をインストールしてウイルス対策ソフトを利用できます。コンピュータウイルス対策をしていないPCは学内に持込みが禁止されていますので、必ずウイルス対策ソフトを利用するようにして下さい。

(*) Windows8,8.1,10では、標準装備のDefenderでウイルス対策できます。

新規にインストールして利用できますが、OSによって利用できるソフトウェアが異なりますので、「ウイルス対策ソフト → ソフトウェアの種類」のページを良く確認して下さい。

相談窓口

  • 利用方法などについての相談
    問い合わせページ(https://mslicense.office.hiroshima-u.ac.jp/support1.html)から行って下さい。
  • 再インストールの申請
    包括ライセンスの契約は個人の使用に関しては1人1台ですのでPCの故障や買い替えなどが起こった場合、以前のPCでのライセンス認証を解除してもらう必要があります。その際には、問い合わせページの「再インストール申請フォーム」により連絡する必要があります。
ドキュメントアクション
サービスへのリンク
利用相談
利用登録システム
パスワード
ウェブメール Active!Mail
Bb9
アプリケーションサーバ
VODポータル
ネットワーク利用申請サービス

IMC入門

クラウドガイドライン

情報セキュリティ・コンプライアンス教育

セキュリティ情報

ICE端末の利用状況

ICE端末の利用状況(携帯版)

ISMS認証取得

JIS Q 27001:2014
(ISO/IEC 27001:2013)
IC14J0392
認証登録番号:IC14J0392

JIP-ISMS517-1.0
SC16J0003
認証登録番号:SC16J0003