パーソナルツール
現在位置: ホーム FAQ・問い合わせ よくある質問と答え (FAQ) キャンパスネットワークHINET・ネットワークアクセス 一つのコネクタで複数の異なるゾーンを利用できますか?

一つのコネクタで複数の異なるゾーンを利用できますか?

« Back to Table of Contents

例えば、一つのコネクタでゾーンAとゾーンCを使いたいというようなケースですね。
TagVLANという技術を使うことにより、異なるゾーンを一つのコネクタに提供できます。

HINETでは「仮想コネクタ」と呼んでいます。

HINET側でタグと呼ばれる「印」をデータに付加し、同一の配線(物理コネクタ)に混在させた
状態で提供します。利用する側で、タグを識別する装置を設置し、各ゾーンに分離して利用します。

手順は概ね以下のようになります。

(1)部局担当者で該当コネクタの仮想化を申請
(2)仮想化された各コネクタにゾーン設定を申請(ゾーン管理者で申請)
(3)TagVLAN対応のスイッチを正しく設定し、部屋のコネクタに接続

TagVLAN対応スイッチは、指定されたVLANIDを正しく設定する必要があります。
ゾーンA,BではVLANIDが申請システムに明示されています。
ゾーンCではゾーンIDがVLANIDになっております。

HINETでは「1 - 3999」の間のVLANIDが利用されますので、対応できるスイッチをご用意
いただく必要があります。

ひとつの物理コネクタに対して設定可能な仮想コネクタの最大数は「8」です。

TagVLANの知識、対応スイッチの購入、設定などが必要になります。
対応が難しい場合はゾーンごとに物理配線を分けることをお勧めします。