パーソナルツール
現在位置: ホーム すべてのサービス グループサービス(HUC12) グループのホーム領域へのファイル転送

グループのホーム領域へのファイル転送

グループのホーム領域

グループのホーム領域は、個人アカウントのホーム領域と同様に「/home/グループ名」にあります。

ここでは、Windowsパソコンから個人アカウントで直接グループのホーム領域のファイルを操作する方法を説明します。

MacOSでは、同様なことができるGUIベースのアプリケーションは見つかりませんでした。 そこでここでは、ターミナルでsftpコマンドを使用する方法を説明します。

WinSCPの設定方法

  1. 「新しいサイト」を選択して、
    転送プロトコル:SFTP
    ホスト名:login.hiroshima-u.ac.jp
    ポート番号:22
    ユーザ名:グループメンバーの個人アカウント名
    パスワード:グループメンバーの個人アカウントのパスワード
    を入力し、「設定(D)...」ボタンを押します。
    (以下の図では例として、グループメンバー個人アカウント名:kouji、グループ名:huc12 としています。)
    ※ユーザ名には、グループ名(旧グループアカウント名)ではなく、グループメンバーの個人アカウント名を入力します。
  2. ログイン - WinSCP(設定)

  3. 「環境→ディレクトリ」を選択して、リモートディレクトリ(R)にグループのホーム領域 「/home/グループ名」を入力します。ホームページのファイルを主に転送する場合は、「/home/グループ名/public_html」にしてください。
    ※グループ名の部分をご利用のグループ名に書き換えてください。
  4. 高度なサイトの設定(ディレクトリ)

  5. 「環境→SFTP」を選択して、SFTPサーバ(V)に
    sudo -u groupname /usr/libexec/openssh/sftp-server
    を入力して、「OK」ボタンを押します。
    groupname の部分を、ご利用のグループ名に書き換えてください。
  6. 高度なサイトの設定(SFTP)

  7. 「保存(S)」ボタンを押して設定を保存します。
  8. ログイン - WinSCP(保存)

  9. セッションの保存名(S)をわかりやすい名前に修正して「OK」ボタンを押します。
    ここでは“@”の前をグループ名に変更しています。
  10. セッションの保存名

  11. 作成したサイト「グループ名@login.hiroshima-u.ac.jp」を選択して、「ログイン」ボタンを押します。
  12. ログイン - WinSCP

  13. login.hiroshima-u.ac.jpに初めて接続する場合は、以下のような確認が表示されます。
    フィンガープリントが
    ssh-rsa 2048 ea:5a:b7:bc:cb:96:81:66:08:3e:22:e9:48:f7:fd:92    または
    ssh-ed25519 256 27:b1:2f:ef:55:e5:2e:1d:a5:6a:f3:c7:e3:13:f6:38
    であることを確認して、「はい(Y)」ボタンを押します。
  14. 警告


  15. ユーザ名(U)に指定したグループメンバーの個人アカウント名に対応するパスワードを入力して、「OK」ボタンを押します。
  16. パスワードの入力 - huc12@login.hiroshima-u.ac.jp

  17. ログインが完了し、グループのホーム領域が表示されます。
  18. huc12 - huc12@login.hiroshima-u.ac.jp - WinSCP

sftpコマンドによる接続方法(MacOS(UNIX))

  1. Machintosh HD>アプリケーション>ユーティリティから「ターミナル」を起動します。
  2. Terminal.App

  3. sftpコマンドの「-s」オプションを使用します。
  4. Terminal.App

  5. 「-s」オプションの引数として「"sudo -u huc12 /usr/libexec/openssh/sftp-server"」を、接続先ホストとして「login.hiroshima-u.ac.jp」を、認証ユーザとしてグループメンバーの個人アカウント名を指定します。(以下の図では例として、グループメンバー個人アカウント名:kouji、グループ名:huc12 としています。)
    huc12 の部分はご利用のグループ名に、kouji の部分はご利用のメンバー個人アカウントに書き換えてください。
    sftp -s "sudo -u huc12 /usr/libexec/openssh/sftp-server" kouji@login.hiroshima-u.ac.jp
  6. Terminal.App

  7. グループメンバーの個人アカウント名に対応するパスワードを入力します。
  8. Terminal.App

  9. ログインが完了します(実際には kouji でログインし、huc12 にユーザが切り替わっています)。
  10. Terminal.App

  11. ls コマンドを実行しますが、認証ユーザ(kouji)のホーム領域(/home/kouji)はパーミッションの関係で見ることができません。
  12. Terminal.App

  13. cd コマンドでグループ(huc12)のホーム領域(/home/huc12)に移動します。
    ※ご利用のグループ名を指定してください。
  14. Terminal.App

  15. ls コマンドを実行すると、ホーム領域の内容を見ることができます。
  16. Terminal.App

  17. 以降は、ftp コマンドと同様なコマンドが利用できます。
  18. Terminal.App

 

ドキュメントアクション