パーソナルツール

HINET Wi-Fi設定手順(Windows8)

説明を読む前に
お使いのパソコンのバージョンや設定環境によって、画面・表現等が異なることがあります。

情報コンセント利用ガイドについて
接続に必要な情報が掲載された「情報コンセント利用ガイド」は、情報メディア教育研究センターの事務室で配布しています。

Windows8設定方法

以下の手順で設定してください。

  1. デスクトップを表示させた状態で画面の右上隅から下にマウスを動すか、右下隅からマウスを上に動かしてメニューバー(「チャーム」と呼んでいる)を表示して「設定」をクリックします。



  2. 「コントロールパネル」を選択します。



  3. 表示された「コントロールパネル」「ネットワークとインターネット」を選択します。



  4. 上部に表示される「ネットワークと共有センター」をクリックします。



  5. ネットワーク設定の変更の「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリックします。


  6. 「ワイヤレスネットワークに手動で接続します」を選択して「次へ(N)」をクリックします。



  7. 追加するワイヤレスネットワークの情報を入力します。
    ネットワーク名は「HU-CUPxx」
    ※xxに入る数字は場所によって異なります。
    セキュリティの種類は「WPA2-エンタープライズ」
    暗号化の種類は「AES」


  8. 「接続の設定を変更します」をクリックします。


  9. ワイヤレスネットワークのプロパティの画面で「セキュリティ」タブを選択します。
    ネットワークの認証方法で「Microsoft:保護されたEAP(PEAP)」を選択して、「設定」をクリックします。



  10. 接続のための認証方法は「証明書を検証してサーバのIDを検証する」にチェックします。
    信頼されたルート証明書機関は「Security Communication RootCA2」を選択します。
    ※信頼されたルート証明書機関の中に「Security Communication RootCA2」が
    ない場合はこちら

    認証方法は「セキュリティで保護されたパスワード(EAP-MSCHAP v2)」を選択します。
    設定後、「構成」をクリックします。



  11. 「構成」をクリックで「保護されたEAP MSCHAPv2のプロパティ」が表示されます。
    接続のための認証方法の「Windowsのログオン名とパスワード(およびドメインがある場合はドメイン)を自動的に使う」のチェックを外します。
    設定完了(OKボタンを押していって終了。)

    [ちょっと一言]
    「セキュリティ設定」→「詳細設定内」→「認証モード」は、「ユーザ認証」が推奨です。
     これで、ワイヤレスネットワークの情報設定は終了です。

  12. 接続します。
    「デスクトップ画面」
    の右下にあるワイヤレスネットワークのアンテナマークをクリックします。



  13. Wi-Fiの一覧が表示されます。



  14. Wi-Fiのネットワーク一覧から対応するSSIDを選択し、「接続」をクリックします。
    選択したSSIDの情報設定が完了している場合は、右クリックして「接続プロパティを表示する」
    がでます。(設定されてない場合は、でません)
    ※自動的に接続する、はチェックしないことがお勧めです。



  15. 画面右下に表示される「ネットワーク認証」の画面に「メディアセンターのアカウント名」「広大パスワード」を入力して認証します。



ドキュメントアクション