パーソナルツール
現在位置: ホーム すべてのサービス 広大メール (クラウドメール) 新しいアカウントへウェブメールのデータをコピーする方法

新しいアカウントへウェブメールのデータをコピーする方法

ここでは、office365 のウェブメールを使っていた場合、進学前の旧アカウントに保存されていたメールを進学後の新アカウントにコピーする方法を説明します。

 

コピーする前に必ず確認すること

  • " 送信済アイテム " もコピーする場合は、事前に設定が必要です。設定方法は、こちら
  • メールアドレスを変更されている方へ
    メールアドレスの@マークより前の部分がアカウント名(例:学部生 b******)ではなく、9文字以上の文字列(例:media-kaetarou)に変更されており、新アカウントでもそのメールアドレスを利用する場合には、新アカウントにメールアドレスを引き継いでからコピーしてください。
    メールアドレスの引き継ぎ方法は、こちら

    [注意]メールアドレスを新アカウントに引き継ぐと、旧アカウントのメールアドレスは自動的に、”旧アカウント名@hiroshima-u.ac.jp”で登録されます。
    <例>学部生の時のメールアドレス(media-kaetarou@hiroshima-u.ac.jp)を、大学院生のアカウントへ引き継いだ。その後のそれぞれのアカウントのメールアドレスは、以下のようになります。
    • 学部生:b******@hiroshima-u.ac.jp
    • 大学院生:media-kaetarou@hiroshima-u.ac.jp
    • この場合、[コピーする方法]の"手順4"と"手順7"の旧アカウントのメールアドレスは、”b******@hiroshima-u.ac.jp”と入力するようになります。

 

コピーする方法

  1. ウェブメールに、「新しいアカウント名@hiroshima-u.ac.jp」とそのパスワードを入力し、[サインイン]します。>>> ウェブメール(Web版 Outlook) 

     例)学部生(b******)から大学院生(m******)になった場合
       大学院生のアカウント名を使った” m******@hiroshima-u.ac.jp ”でサインインします。



  2. (初めてサインインした場合は、タイムゾーンの設定画面が表示されます。設定・保存すると、メール画面が表示されます。)
    右上にある歯車アイコンの (1)[設定]をクリックし、" アプリ設定 " の (2)[メール]をクリックします。



  3. 左側に表示されたオプションの ”アカウント”から (1)[接続されているアカウント]をクリックし、" 接続されているアカウント " の (2)[+]をクリックします。



  4. " メールアカウントの接続 " 画面で、旧アカウントの[メールアドレス]と[そのパスワード]を入力し、[OK]をクリックします。

      例)学部生から大学院生になった場合:
        学部生の時メールアドレス:b******@hiroshima-u.ac.jp を入力します。



  5. " セキュリティで保護されていない接続 " 画面で、[OK]をクリックします。



  6. " 接続の種類を選びます " の画面で、[IMAP接続の設定]を選択し、[OK]をクリックします。



  7. " 新しいIMAPアカウント接続 " 画面で以下のように入力し、[OK]をクリックします。

    <アカウント情報>
    表示名
    old_mail(これは例です。適切な文字列ならOK)
    メールアドレス
    旧アカウント名@hiroshima-u.ac.jp
    ユーザー名
    旧アカウント名@hiroshima-u.ac.jp
    パスワード
    旧アカウント名の広大パスワード
    <サーバー情報>
    受信サーバー
    outlook.office365.com
    認 証
    基本(入力済み)
    暗号化
    SSL
    ポート
    993(入力済み)



  8. " メールアカウントの接続 " の画面が表示されたら、[OK]をクリックします。



  9.  " 接続されているアカウント " の画面に戻ると、旧アカウントの設定が表示されています。
    ” 状態 ” が以下の[ダウンロード中]の場合は、" コピー中 " 。[OKになると、" コピー完了 "となります。

     



    • コピーには時間がかかる場合があります。
    • コピーは自動的にしてくれますので、ダウンロード中にサインアウトしても問題ありません。
    • 受信トレイなどに、メールがコピーされていることを確認してください。

  10. メールのコピーが完了したら、" 接続されているアカウント " から旧アカウントの設定を削除しておいてください。
    [削除方法]
    " 接続されているアカウント " の画面を開く(手順1-3を参照) >>  旧アカウントの設定を選択する >> 削除(ゴミ箱アイコン)をクリックする。

    以上で、全ての作業は終了です。

 

送信済みアイテムのメールも一緒にコピーする為にすること

ここでは、受信トレイに[サブフォルダー]を作成し、その中に送信済みアイテムのメールを移動する方法をお知らせします。

  1. ウェブメールに、「旧アカウント名@hiroshima-u.ac.jp」とそのパスワードを入力し、[サインイン]します。>>> ウェブメール(Web版 Outlook) 

     例)学部生(b******)から大学院生(m******)になった場合
       学部生のアカウント名を使った” b******@hiroshima-u.ac.jp ”でサインインします。



  2. 自分の氏名(表示名)の左側の[三角アイコン] をクリックします。



  3. 受信トレイや送信済みアイテムなど表示されますので、[受信トレイ]を選択し、[右クリック]し、[新しいサブフォルダーを作成]をクリックします。



  4. サブフォルダー名(適切な文字列:(例)backup-sent)を入力します。



  5. 次に、作成したサブフォルダー(例:backup-sent)の中に、送信済みアイテムのメールを移動させます。
    (1)[送信済みアイテム]を選択し、(2)必要なメールに " チェック " を入れます。右下の (3)[移動]をクリックします。
    注意]右枠の[すべてを選択]を選ぶと[移動]フォルダが消え、移動ができません。仕様が変わる可能性はありますが、必要なメールにチェックを入れて対応してください。(2017.4.26現在)



  6. 移動先のフォルダー (1)(ここでは、" backup-sent " )を選択し(受信トレイのサブフォルダーが表示されていない場合は、受信トレイ横の三角アイコンをクリックしてください)、(2)[選択したフォルダーにこれらの会話をコピー]にチェック(このチェックは任意でOK)を入れて、(3)[コピー]をクリックします。



  7. 以上で、送信済みアイテムのメールの移動は完了です。

    移動したメールが全て受信トレイのサブフォルダー(ここでは、" backup-sent "フォルダー )にコピーされていることを確認したら、ウェブメールのデータをコピーする設定をしてください。
    >>新しいアカウントへウェブメールのデータをコピーする方法

ドキュメントアクション