パーソナルツール
現在位置: ホーム すべてのサービス ホスティング

ホスティングサービス概要

研究室や部局など、学内の組織の単位でWebサーバなどを運用したい場合、その機能を提供するサービスです。

ホスティングサービス
概要

ホスティングサービス
申請・管理
(管理者向け情報)

ホスティングアカウント
利用方法
(利用者向け情報)

各ホスティングの利用者は ホスティングアカウント利用方法もご覧ください。

ホスティング管理者向け情報はホスティングの申請・管理をご覧ください。


重要なお知らせ (2017年9月1日更新)

2017年6月以降、ホスティングアカウントのメールサービスは、
「指定したアドレスへの転送」
となっております。

  • ホスティングアカウントでメールを利用される場合は、転送設定を実施してください。
    < 転送設定の指定方法 > 
  • メール送信についてのサービスに変更はありません。
    ホスティング用SMTPサーバは継続して利用できます。

 

サービス概要

ホスティングサービスを利用すると、自前でサーバーを設置することなく、任意のサブドメインにてWEBサーバを運営したり、サブドメインのDNSサーバを運用したりすることが可能になります。また、メールサービスも利用できますので、サブドメインごとにメールユーザを登録できます。

HINETに接続したゾーンA,ゾーンBの機器のDNS登録も可能です。

各ホスティング下のアカウントは学外の方を含めどなたが利用されても構いませんが、管理責任は各ホスティング管理者にありますので、十分ご留意いただきますようお願いします。なお、パスワードはセンターのパスワードポリシーに従って管理してください。

ホスティングサービス概要
hiroshima-u.ac.jpのサブドメインとしてサーバ名が取得できます。
 (サブドメイン名の例) :「media.hiroshima-u.ac.jp」
 赤字の部分を好きな文字列で設定できます。
このドメインで以下の5つのサーバを運用することができます。
メール(転送)
ssh/scpサーバ Webサーバ DBサーバ DNSサーバ

ホスティングの主な機能

サブドメイン

hiroshima-u.ac.jpのサブドメインをご利用になれます。
また、そのサブドメインのDNSサーバーとしてご利用になれます。

アカウント管理

サブドメインのメールアドレスやホームページを公開するためのアカウントを作成することができます。
登録直後はadminアカウントが登録されます。

サブドメインメールアドレス提供(転送サービス)

サブドメインでメールアドレスが取得できます。
メールは全て他のアドレスへの転送となります。

サブドメインホームページ

サブドメインのURLでホームページを公開できます。
adminアカウントで作成すると、http://www.サブドメイン.hiroshima-u.ac.jp/ で公開できます。
adminアカウント以外で作成したページは、http://www.サブドメイン.hiroshima-u.ac.jp/~アカウント/ で公開できます。

CGIの利用・アクセス制御・HTTPS

SuEXEC環境でCGIをご利用になれます。
.htaccessを使用してアクセス制御を行うことができます。
証明書を準備頂ければ、HTTPSプロトコルによる暗号化通信を行うことができます。

PHP利用

バージョン5.4系, 5.6系 および 7系 をご利用になれます。(5.6 以上を推奨しています)
詳しくは、「センターサーバにおけるPHP利用について」をご覧ください。

データベース利用

MySQL (Ver.5.0) または PostgreSQL (Ver.8.2) をご利用になれます。

SSH/SFTP/SCP ログイン

SSH/SFTP/SCP を利用してホスティングサーバーにログインすることができます。暗号化のないtelnet/FTPは利用できません。

ホームディレクトリ容量

利用可能なホームディレクトリ容量はドメイン単位で 10GB です。
アカウント単位ではありませんのでご注意願います。

メールスプール容量

各ユーザアカウント単位で 1GB です。2017年5月までの運用です。

ドキュメントアクション