パーソナルツール

Mathematica

広島大学は、1996年4月からMathematicaキャンパスライセンスを取得しており、キャンパス内に設置された、大学が購入するかリースしたパソコンにインストールすることができます。また、このキャンパスライセンスには、一定の条件を満たす教職員・学生であれば個人のPCでも使用することができるライセンスも付随しています。

Mathematicaの特徴

Mathematica は、高等数学を始めあらゆる分野の応用に使える 汎用ソフトウェアシステムです。数値解析、記号を含む数式の代数的な処理、グラフィックス処理の他、 プログラミング言語を内蔵しています。研究者にとっては、システムの演算の範囲を広げることができ、新たな方向への機会が広がります。また学生にとって は、細かい計算に惑わされることなく、原理に集中することができるので、学習効果の向上が期待できます。詳しくは Wolfram Research 社のホームページ をご覧ください。

利用条件

本サービスを利用するには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • センターの個人アカウントを取得していること。
  • この製品は広島大学の構成員(教職員、学生)にライセンス契約されたものです。
  • ダウンロードした製品のオブジェクト・コードを逆コンパイルして、ソース・コードを生成したりするのは、契約条項に反するので行わないでください。
  • 教育研究を行うことを目的にご利用ください。

インストール・パスワード申請・更新(継続利用)等

はじめによくお読みください
  • Mathematicaのライセンスには有効期限があります。更新(継続利用)には所定の手続きが必要です
  • Wolframから更新案内メール(@wolfram.com)からの英語での更新メールをよく確認してください
  • 詳細は以下の個別ページに記載の内容をよく確認してください

これより先はメディアセンターアカウントとパスワードの入力が必要です。学内限定ですので自宅でPCにダウンロードする際には、VPNサービスをご利用ください。

  • 大学所有PC用 (Mathematica Campus License)
    キャンパス内設置の、大学購入のPC(リース含む)の場合はこちらです。
  • 個人所有PC用(教職員) (Mathematica Home-Use License) [Only Staffs]
    教職員が主に自宅内で使用するPCの場合はこちらです。
  • 個人所有PC用(学生) (Mathematica for Students) [Only Students]
    学生が所有する、自分用のPCの場合はこちらです。
ドキュメントアクション