パーソナルツール
現在位置: ホーム すべてのサービス 教育用情報端末(ICE) VNCサービス

VNCサービス

VNCサービスとは

VNCサービスは、メディアセンターの端末室で授業をされる教員を対象に、教育用端末操作の確認を遠隔地より(学内に制限されますが)行なっていただけるものです。

VNCクライアント(フリーソフトとして配布されています)をお手元のPC にインストールし、以下の一覧にあるサーバにアクセスします。すると教育用端末の画面がお手元のPCに表示され、操作できます。

VNCサーバを選択する

注意事項

  • メンテナンス時間(毎日5:00~5:30)を除き、終日利用できます。メンテナンス時間中は、接続が切断される場合があります。
  • 接続する際に「接続用パスワード」を求められます。「接続用パスワード」は以下のリンクから参照できます。広大パスワードではありませんのでご注意ください。
  • 「シャットダウン」しないで下さい。
  • 「ログオフ」しないでください。終了する時は、VNCウィンドウを閉じて(Windowsならば右上の×ボタンを押す)下さい。
  • VNCサーバへのアクセスは学内アクセス限定です
  • うまくつながらない場合は…
    • 他の人が使っている→上の表を参照し「空」のサーバをお試し下さい
    • サーバが落ちている→上の表を参照し「空」のサーバをお試し下さい
    • 学外から繋ごうとしている→VPN または ssh port forwarding をご利用下さい。

VNC クライアントの入手先

ほとんどのものがサーバとクライアント(VNCでは"viewer"と言います)セットで配布されています。クライアントだけ入れればOKです。お好みのものをどうぞ。

  • Windows
  • Mac OS X
    • VNCクライアントがOSに付属しています。上のサーバ一覧表内のサーバ名をクリックすると接続できます。※Mac標準のクライアントでは接続できないことがあるので、「Chicken of the VNC」をご利用してください。
    • 別のオプションとしてChicken of the VNCがあります。
  • Linux

VNCサービスの利用手順(UltraVNCのインストールから接続まで)

ドキュメントアクション