パーソナルツール
現在位置: ホーム すべてのサービス メディアセンター利用登録

各種アカウントの紹介、登録手順

アカウントとは、メディアセンターのサービスを利用するために必要な ID です。

アカウントとパスワードを使ってメディアセンターのサービスの認証を行います。

アカウントは、広大IDとパスワードを使ってメディアセンター利用登録システムにてオンラインで登録できます。利用目的や内容が適切でない場合、システムに過剰に負荷をかけると予想される場合などには、アカウントの発行をお断りする場合もありますのでご了承ください。

アカウント種別

アカウントには3つの種別があります。2015年8月22日よりグループアカウントはアカウントではなくなり、グループサービスになりました。

主な用途

  • 個人アカウント・・・各個人がセンターのサービス(メールの利用、個人ホームページの公開など)を利用するためのアカウント
  • クラスアカウント・・・授業、講習会の担当者および受講生が期間限定で利用することができるアカウント
  • ゲストアカウント・・・研究会、学会、出張等で来学した学外者の方が、学内共用情報コンセント(無線/有線)を利用したり、HINETのウェブ認証を受けるためのアカウントです。

 

主な機能

機能 個人アカウント クラスアカウント ゲストアカウント
取得可能な方 学生、教職員
学外者(広大IDがZC,ZZで始まるものを除く)
常勤の教職員(*1) 常勤の教職員(*1)
利用可能期間 在籍期間中 申請期間中 申請期間中
年度更新手続き 必要 不要 不要
広大メール ×
アカウント登録時のメールアドレス アカウント名@hiroshima-u.ac.jp ×
メールスプール容量 50 GB 50 GB ×
ホームディレクトリ容量(*2) 3 GB 1 GB ×
印刷 ○(*3) ×
ホームページ公開 ×
ICE端末 ○(*3) ×
HPC利用 ×
アプリケーションサービス ○(*3) ×
フレッツ接続サービス ×
×
VPN接続サービス ×
無線LAN接続(HU-CUP) ×
無線LAN接続(eduroam)
HINETウェブ認証 (有線LAN)
ファイル
保管
サービス
(ownCloud)
×
×
(OneDrive for business)

×

(*1)ここで”常勤の教職員"とは、次のものを指します。

役員、大学教員、専修学校教員、附属学校教員、一般職員、技術職員、技能・労務職員、教務職員、海事職員、看護職員、医療職員、フルタイム契約職員、パートタイム契約職員

(*2)重要なデータは利用者各自でバックアップを作成してください。

(*3)学外者(広大IDがFAかFBで始まるもの以外)の方が取得された個人アカウントでは本サービスは利用できません。

 

 

アカウントの状態

利用期限の過ぎたアカウントは、削除されるまで以下のように状態を遷移していきます。その状態によって、皆さんができることは限られますのでご注意ください。

アカウントの登録状態

  • 登録: アカウントの機能が全て使用できます。
  • 利用確認:アカウント取得後90日以内に確認手続きが必要です。
  • 年度更新:年度ごとに更新手続きが必要です。
  • 削除猶予:アカウントの機能は全て使用できますが、この期間に、新しい広大IDへのアカウント引継ぎや、新しいアカウントへのメールアドレスとURLの引継ぎ、ホームディレクトリのファイルの移動を行ってください。
  • 削除: アカウントが削除された状態です。メールをはじめセンターの全てのサービスがご利用いただけなくなり、所有ファイルも削除されます。

削除予定状態の期間


削除猶予 備考
個人アカウント 30 離籍後30日以内に利用登録システムで延長申請した場合は90日まで延長可能。
クラスアカウント 0 日
ゲストアカウント 0 日
上記によらず、申請によりアカウントを廃止 することもできます。

 

個人アカウントの登録

個人アカウントは広島大学に在籍する全ての学生/教職員,及び広大IDを取得された学外者の方が取得できるアカウントです。

学生の場合

  1. センターで自動的にアカウント登録を行います。
  2. アカウント名は 学生番号の英字を小文字にしたものです。
     →学生番号が B059999 であれば、アカウント名は b059999
  3. 学部生、大学院生、専攻科生の方のアカウントは入学時には登録が完了しています。初期パスワードは、入学時に配布された広大パスワードです。
  4. 学部生、大学院生、専攻科生以外の学生の方のアカウントは入学日より、2日以内(土日祝は除く)にアカウント登録を完了します。その後、アカウントのパスワードを、パスワード登録窓口にて取得してください。

 

教職員の場合

 

学外者の場合

全学統一ID基盤に学外者として登録されている方で、以下のいずれかに該当される方は個人アカウントを取得できる場合があります。メディアセンター利用登録システムに広大IDとパスワードでログインし、「許可申請」ボタンをクリックして画面の指示に従って下さい。

なお、全学統一ID基盤への登録については 所属部局の運営支援グループへお問い合わせください。

  • 広島大学名誉教授の方
  • 広島大学に資する活動を行っており、かつ 広島大学の計算機システムを利用する正当な理由をお持ちの方

以下のことにご注意ください。

  • アカウント名は 英数字3-8文字で任意に登録できます。先頭の文字は英字にしてください。
    登録後にアカウント名の変更はできませんので気を付けてください。
  • 利用期限は広大IDの有効期間内となります。 その後も継続してご利用いただくには、広大IDの有効期間の延長手続きと、アカウントの年度更新手続きが必要です。
    参考:学外者のアカウント登録手順

クラスアカウントの登録

クラスアカウントは常勤の教職員の方で、個人アカウントを登録済みの場合に申請可能なアカウントです。メディアセンター利用登録システムに申請者の方の個人アカウントとパスワードでログインし、アカウント詳細画面に表示される「グループ/クラス/ゲストアカウントの管理」ボタンをクリックしてください。その後に表示される「クラスアカウント登録申請」をクリックして画面に従い操作を行ってください。

以下のことにご注意ください。

  • 授業用の場合のご利用期間は、前期は 3/1-9/30、後期は 9/1-3/31となります。
  • 期間を越えてのご利用はできません。期間を越える場合は新しいクラスアカウントを取得してください。
  • 講習会の場合のご利用期間は、最大1ヶ月程度とさせていただきます。
  • クラスアカウント取得後のアカウント数の追加はできません。ご了承ください。
  • 申請があった日より2日以内(土日祝は除く)に申請を受理します。日数に余裕をもってご申請ください。
  • アカウント登録が完了しますと、メディアセンター利用登録システムからアカウントリストを取得できるようになります。
  • アカウント名とパスワードは、センター設定の文字列となります。

ゲストアカウントの登録

ゲストアカウントは常勤の教職員の方で、個人アカウントを登録済みの場合に申請できます。メディアセンター利用登録システムに申請者の方の個人アカウントとパスワードでログインし、アカウント詳細画面に表示される「グループ/クラス/ゲストアカウントの管理」ボタンをクリックしてください。その後に表示される「ゲストアカウント登録申請」をクリックして画面に従い操作を行ってください。

以下のことにご注意ください。

  • 学士会館ご宿泊の方については、チェックインの際にご宿泊者ご本人のみの手続きでゲストアカウントを取得することができます。
  • ゲストアカウントの利用期間は、概ね3ヶ月までとさせていただきます。長期の利用を希望される場合は、学外者登録による広大IDの取得等をご検討ください。
  • ゲストアカウント取得後のアカウント数の追加はできません。ご了承ください。
  • 申請があった日より2日以内(土日祝は除く)に申請を受理します。日数に余裕をもってご申請ください。
  • アカウント登録が完了しますと、メディアセンター利用登録システムからアカウントリストを取得できるようになります。
  • アカウント名とパスワードは、センター設定の文字列となります。

 

アカウントの利用確認

情報セキュリティ教育を確実に実施するため、全ての新規個人アカウントに「アカウント利用確認」手続きを新設することとなりました。
2016年4月1日以降に登録された新規個人アカウント(教職員・学生・学外者)をお持ちの方は、利用登録システムから広大IDでログインして、「アカウント利用確認」を行ってください。
個人アカウント登録後90日以内に手続きしない場合、アカウントにロックがかかり、利用できなくなります。ロックがかかってしまった場合は、利用登録システムからロックの解除を行ってください。

 

アカウントの年度更新

管理が不十分な状態で長期間放置され、セキュリティ上好ましくない状態にあるアカウントが多数見られるようになりましたので、平成19年度末よりメ ディアセンターのすべてのアカウントに有効期限を設け、本人の明確な意思表示によってのみ継続的に利用できることになりました。

平成20年度以降、年度ごとに利用者自ら更新手続きを行う必要があります。更新手続きが行われなかったアカウントについては、年度更新猶予期間終了後にロック状態となり利用できなくなります。

アカウントの廃止

アカウントを廃止することができます。ただし、廃止しますと、メール、サーバに保存したファイル、Webページ、URLなどすべて削除されますのでご注意下さい。

アカウントの廃止手順:

  1. 利用登録システムに広大IDでログインする。
  2. メニューの「アカウント削除申請」をクリックし,画面の手順に従う。

アカウント削除申請を行った時点で,そのアカウントにはロックがかかります。
なお,誤ってアカウント削除申請を行った場合を考慮して,メディアセンターでは少し時間を置いてから削除の処理を行います。即時廃止を希望される方は,その旨を電話でご連絡ください。

書類での手続きを希望される方は,申請・変更手続き 「アカウント廃止申請書」 をプリントアウトして、ご記入の上学内便にてご提出下さい。

  • 個人アカウント・・・離籍した日から30日後に自動的に削除されます。
    離籍した日から30日以内に利用登録システムで延長申請した場合は、離籍90日後に自動的に削除されます。
    在籍中に廃止したい場合は、上記の手順をご参照ください。
  • クラスアカウント・・・利用期限をもって即、削除されます。
  • ゲストアカウント・・・利用期限をもって即、削除されます。

(2017/6/2 更新)

ドキュメントアクション