パーソナルツール
現在位置: ホーム 提供サービス メディアセンター利用登録 アカウント年度更新

アカウント年度更新

2012年度の年度更新から、学生だけでなく教職員や学外者についても、事前にオンラインコース「情報セキュリティ・コンプライアンス(フォローアップ講習)20XX」を受講し、合格しておく必要があります。
オンラインコースは、日本語版のほか、英語版、中国語版が用意されます。

趣旨

情報メディア教育研究センターのアカウントは、広島大学の構成員であればどなたでも取得することができます。その一方 で、簡単に取得できるがゆえに管理が不十分な状態で長期間放置され、セキュリティ上好ましくない状態にあるアカウントが多数見られるようになりました。

このような状況を踏まえ、全学委員会である情報セキュリティ委員会において、メディアセンターのすべてのアカウントに有効期限を設け、本人の明確な意思表 示によってのみ継続的に利用できるようにすることが決定されました。具体的には、年度ごとに利用者自らが更新手続きを行うようになります。

年度更新を行わないと、アカウントはロック状態になり利用できなくなりますが、未更新が原因で削除されることはありません。 ロック状態になると、更新するまで、大学などからの重要なメールが受け取れなくなります。

対象アカウント

  • 個人アカウント
    (広大IDの有効期限が切れる場合は、別途、広大IDの延長の手続きも必要です。)
  • グループアカウント
クラスアカウント・ゲストアカウントは更新の対象ではありません。

年度更新概要

  • 年度更新期間(今年度の場合は、4/2〜4/30)及び年度更新猶予期間(5/1〜6/30)内に、メディアセンター利用登録システムにログインして、年度更新ボタンをクリックしてください。その際、表示される同意文に同意していただくことが必要です。
  • 年度更新猶予期間に入ると、更新督促メールを自動送付します。
  • 未更新のまま年度更新猶予期間を超過すると、(今年度の場合は、7/1より)アカウントはロック状態になります。 継続して利用される場合は、センター利用登録システムにログインして、ロック状態を解除するとともに、年度更新を行ってください。

年度更新スケジュール

サービス利用
の可否
スケジュール
年度更新期間
2014/4/2〜4/30
年度更新猶予期間
2014/5/1〜6/30
ロック
(未更新)
2014/7/1〜
利用登録システムへのログイン
メールの利用
(POP,IMAP等含む)
ICE端末の利用
(Linux,Windows)
プリンターからの出力
(スキャナ,IPP印刷含む)
ネットワークへのアクセス
(VPN,フレッツ接続など)
Loginサーバへのログイン
ホームページの公開
HPCグリッドの使用
VODストリーミングの視聴

年度更新手順

  1. 事前にフォローアップ講習および確認テストを受験して合格しておく必要があります。
    ※フォローアップ講習および確認テストについてはこちらのページをご覧ください。
  2. アカウント情報詳細画面で「アカウント年度更新」ボタンをクリック。
  3. 年度更新画面で、同意文が表示されます。
    (メーリング管理者とホスティングの管理者になっているかたは、その一覧も表示されます。
     引き続きそれらを利用する場合は、利用を継続する項目にチェックを入れます。)
    年度更新画面で同意文を読み、「同意する」をチェックして「更新」をクリック。
  4. 年度更新確認画面で、次回の年度更新期限を確認して、「OK」をクリック。
グループアカウント管理者は、グループアカウントの更新も忘れないでください。更新手続きは、管理者がグループアカウントでログインして行ってください。

未更新アカウント再開手順

メディアセンター利用登録システムにログインします。

  1. 事前にフォローアップ講習および確認テストを受験して合格しておく必要があります。
    ※フォローアップ講習および確認テストについてはこちらのページをご覧ください。
  1. アカウント詳細画面で表示されている「ロック解除」ボタンをクリック。
  2. アカウントロック解除確認画面で同意文を読み、「同意する」をチェックして「利用サービス選択」ボタンをクリック。
  3. 利用サービス選択画面で、 必要なサービスを “一時停止” から “利用する” に変更 。
    利用しない場合には、そのままで「設定」ボタンをクリック。
    ([参考]無事ロック解除できましたら、アカウント情報詳細画面の「ロック解除」ボタン
    が消えています。また、「アカウント更新期限」が次年度の4月30日に変わっています。)
グループアカウントの再開手続きは、グループアカウントでログインして行ってください。

FAQ(よくある質問と回答)

よくある質問と回答FAQをご覧になって下さい。
ドキュメントアクション