パーソナルツール
現在位置: ホーム すべてのサービス メディアセンター利用登録 進学・異動などで広大ID/身分が変わる場合の手続き

進学・異動などで広大ID/身分が変わる場合の手続き

進学、異動などで広大IDや身分が変わった場合には、センターからアカウントが削除される旨のメールが届き、自動的にアカウントは削除されていきます。

いずれの手続きも削除猶予の期間内に行って下さい。それ以降は、ご自身による手続きはできなくなります。詳しくはアカウントの状態をご覧ください。

手続きの内容

メディアセンターのアカウントを引き続きご利用になりたい場合

手続きの前に

アカウントを引き続き利用するためには全学統一ID基盤に認証情報データが登録されている必要があります。一般的には自動で登録されることはありませんので、所属部局の運営支援グループの担当者の方にご相談ください。

  • 認証情報データの登録が可能か
  • 登録可能な場合、どのような身分(教職員/学生/学外者)で登録されるのか
  • 登録可能な場合、広大IDは変わるのか、変わらないのか

上記のことは、実際に進学、異動をした後、身分変更手続きがとられてからでないとわからないことがあります。 そのような場合にも、センターではアカウントに猶予期間を設けておりますので、その間に必要な手続きをしていただくことができます。ご安心ください。

 

広大IDが変わる場合

個人アカウント

手続き方法にはいくつかのパターンがあります。ご自分が当てはまるものを以下の表で確認してください。クリックすると別ウィンドウで大きい画像をご覧いただけます。それぞれの手続きについては図の下の説明をご覧ください。

 

 

クラス、ゲストアカウント

クラス、ゲストアカウントはどのような場合でも引継ぐことはできません。

 

メディアセンターのアカウントの利用を継続しない場合

進学、異動などで広大IDや身分が変わった場合には、センターからアカウントが削除される旨のメールが届き、自動的にアカウントは削除されていきます。削除までのスケジュールはこちらをご覧下さい。

メールアドレスの移行

  • 新しいメールアドレスを取得したら速やかに関係者に通知し、 以後はこれまでの"***@hiroshima-u.ac.jp"宛には メールを送らないようにお伝えください。
  • アカウントが削除状態になるまでの間、 "***@hiroshima-u.ac.jp"宛てに届く メールを転送することができます。「広大メールの転送設定について」をご参照ください。アカウント削除後はメール転送は行うことができませんので、予めご了承ください。
  • メーリングリストやメールマガジン購読等に登録している場合は、 必ず脱退・アドレス変更等の手続きをしてください。 これを怠ると、管理者の方に迷惑をかけることになります。 手続きの方法は、管理者の方に直接お問い合わせください。

ホームディレクトリおよびクラウドファイル保管サービス(OneDrive for Business)のファイルの退避

  • アカウントの削除によりホームディレクトリおよびクラウドファイル保管サービスの領域は削除されますので、ホームページ用のファイル、その他のファイルは必要に応じて、外部メディア(CD-R、USBメモリなど)に退避させてください。
ドキュメントアクション