パーソナルツール
現在位置: ホーム すべてのサービス メディアセンター利用登録 利用サービス設定/自主ロック機能

利用サービス設定/自主ロック機能

 

 

利用サービス設定の概要

メディアセンター利用登録システムにアカウントでログインし、メニューにある”利用サービス設定”ボタンにより利用するサービスを設定することができます。

 ◆メールサービス(Mail)
メールアドレスの変更/eMail “任意の文字列@hiroshima-u.ac.jp” に変更できます。任意の文字列にすると、進学などでアカウントが変わっても、広島大学に在籍する間は同じメールアドレスを引き継いで使用することができます。
メール表示名の変更/Display Name  Office365 Outlook Web Appから送信した時に差出人として表示される名前の変更ができます。
◆Webページ公開サービス(Web)
学内限定ホームページ/Internal Web Page 学内限定のホームページを開示するかを選択できます。
公開用ホームページ/Public Web Page  公開レベル(学内外・学内のみ・公開しない)を選択できます。また、アカウント名とメールアドレスでホームページを公開するかを選択できます。
DBサービス(PostgreSQL)/DB service(PostgreSQL) データベース(PostgreSQL)を利用するか選択できます。
DBサービス(MySQL)/DB service(MySQL) データベース(MySQL)を利用するか選択できます。
◆教育研究支援サービス(Education)
HPC HPCやPCクラスタ/グリッド、アプリケーションサーバを利用するか選択できます。
 サービスが限定されているゲストアカウントには”利用サービス設定”メニューは表示されません。

 

 

自主ロック機能

メディアセンター利用登録システムに広大IDでログインし、メニューにある”アカウント自主ロック”により個人アカウントを一時的にロックしたり、ロックの解除を行うことができます。

設 定
自主ロック 長期出張・休学などで長期にわたりアカウントを利用しない場合や、しばらく利用する予定のない個人アカウントを、ユーザーの意志で凍結することができます。
自主ロックにより、アカウントを使用する全てのサービスが利用できなくなります。ただし利用者登録システムへの広大IDでのログインとパスワード変更は可能です。
ロック解除 利用者登録システムに広大IDでログインした場合、メニューには「ロック解除」と「パスワード変更」のみ表示されますので、解除を行ってください。
ロック中は、もみじ等からのお知らせメールも届かなくなりますのでご注意ください。
アカウントを新規登録した年度内にロックした場合、ご自分では解除できません。

 

FAQ(よくある質問と回答)

よくある質問と回答FAQをご覧になって下さい。
ドキュメントアクション