パーソナルツール
現在位置: ホーム すべてのサービス ホームページ作成・公開(HUC12)

ホームページ作成・公開(HUC12)

メディアセンターのhomeサーバにてホームページを公開できます。

homeサーバは個人のウエブサイト構築用です。
研究室、学会、プロジェクトなど、組織のウエブサイトを作成される場合はホスティングサービスをご利用ください。

homeサーバで公開されるURLは、
http://home.hiroshima-u.ac.jp/アカウント名など/  (学内外公開用)
http://home2.hiroshima-u.ac.jp/アカウント名など/ (学内公開専用)
となります。

  1. homeとhome2では作成するフォルダ名が異なります。
    homeの場合はpublic_html home2の場合はprivate_html
  2. home2では「Web公開チェック」の手続きは不要です。

 

公開までの手順

  1. 設置できるアカウントなど
    個人アカウント、クラスアカウント
  2. Web公開チェックについて(homeでの公開の場合)
    ホームページを学外に公開するには、Web公開チェックを受け合格する必要があります。
    ※10問中全問正解で、公開チェック完了となります。

    Web公開チェックメディアセンター利用登録システムで実施します。
    ……………………
    1)「メディアセンター利用登録システム」にアカウントでログインします。
    https://reg.huc.hiroshima-u.ac.jp

    2)左に表示されているメニューの中から「利用サービス設定」を選択します。

    3)右画面に表示された項目にある「◆Webページ公開サービス(Web)」
    →「公開用ホームページ」→「WWW公開チェック」をクリックします。Bb9 でテストを受けます。
    ※すでに公開チェックを受けられている場合、この項目は表示されません。4)へ

    4)「WWW公開チェック」に合格したら、「メディアセンター利用登録システム」の「利用サービス設定」の「Webページ公開サービス(Web)」項目の、「公開用Webページ」欄で、「アカウント名のURLで公開する(学内外)」を選択して下さい。 (公開レベルを選べます)
    ……………………
  3. 公開するコンテンツの作成
    perlやシェルで作成したCGIも利用できます。サーバーで利用可能なソフトやWEBサーバーの環境については下記の「login/homeサーバーで利用可能な主なソフト一覧とサーバーの主な環境」と「CGIについて」を参照ください。
    データベースも利用頂けます。詳細については下記のデータベース利用サービスについてをご覧ください。
  4. 公開するコンテンツのアップロード
    ログインサーバ(login.hiroshima-u.ac.jp) にscp/sftpなどでアップロードします。
    ログインサーバは学内からのみアクセスできます。学外からアクセスする場合はVPNサービスを利用してください。
    以下のフォルダにコンテンツを置きます。
    home2で公開する場合:private_html                          
    homeで公開する場合:public_html
    標準設定では、「index.html」が表示されます。
  5. ログイン方法およびファイル転送方法

    ウェブページの作成では,loginサーバ(login.hiroshima-u.ac.jp)に、SSH(Secure Shell) にてログインし、エディタによるファイル操作、または
    sftp/scp/WebDAV などのファイル転送により,手元のパソコンのファイルをサーバにアップロードすることができます。
    利用方法については下記をご覧下さい。学内からのみアクセスできます(ゾーンAも学外扱いです)。

    グループサービスでのファイル転送については以下をご覧ください。

    login/homeサーバの標準文字コード

    UTF-8 です。

    CGIについて

    CGI は suEXEC 環境で実行されます。suEXEC では主に下記の点に注意ください。
    • CGI の存在するディレクトリを、他のアカウントが書き込めるようになっていないか。
    • 対象となるCGI プログラムファイルが、他のアカウントから書き込めるようになっていないか。
    なお、CGI プログラムが長時間実行され続けるなど暴走しているとメディアセンターで判断した場合は、そのCGIをプログラムを強制終了させて頂く場合があります。また、繰り返しこのようなことが発生する場合はCGIプログラムそのものを実行できないように変更させて頂く場合があります。

    PHPの利用について

    PHPは 7.0系 , 5.6系 , 5.4系 の3種類を提供していますが、5.6系以上を推奨しています。(5.4系は2017年9月29日(金)に提供を終えます。)
    設定方法は センターサーバでのPHP利用について をご覧下さい。

    データベース利用サービスについて

    データベースを利用できます。利用できるデータベースはアカウントごとにMySQL(バージョン 5.0)・PostgreSQL(バージョン 8.4)の両方を利用できます。データベースを利用するにはメディアセンター利用登録システム から申請が必要です。データベースサーバーは以下を指定ください。

    なお、2017年9月28日(木)にMySQL(バージョン 5.7)・PostgreSQL(バージョン 9.5)へバージョンアップします。詳細はこちらをご確認下さい。

    MySQLサーバー名 home-msql.huc.hiroshima-u.ac.jp
    PostgreSQLサーバー名 home-psql.huc.hiroshima-u.ac.jp

    アクセスログについて

    homeサーバでは、原則としてWebページのアクセスログを利用者の方が参照することはできません。 アクセス数の集計などをしたい場合は各サイト内でCGIプログラム等を用いて行ってください。

    サーバー環境について

    OSは、「Red Hat Enterprise Linux Server release 7.1 (Maipo)」です。また、導入パッケージ一覧(2015/10/14現在)はこちらをご覧ください。メディアセンターアカウントの認証が必要です。

     

ドキュメントアクション