パーソナルツール

MacOSX で SSH

ここでは MacOSX で SSH を利用する方法について説明します。

目次

SSH(Secure SHell)セキュア シェル の主な特徴

  • telnetやrloginよりも安全にリモートログインができる
  • 通信を暗号化することができる

使用するソフトウェア(SSHクライアント)

SSH クライアントは UNIX コマンドとして既に OS X に入っています。UNIXコマンドを実行するためのターミナルソフトも初めから入っていますので、新たにソフトウェアを導入する必要はありません。

  • SSH クライアント を起動するためのターミナルソフトウェア
    • ターミナル
    •  Finder で「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」

OS.X Ver 10.2より前のバージョンのターミナルでは日本語環境が使えませんので、フリーソフトのJTerminal などをダウンロードしてご利用下さい。 なおこれらは例であって、これでなければならないということはありません。

バージョンによっては、ターミナルの日本語環境を作らないといけない場合があります。

  • 「ターミナル」を起動する
  • メニューの「ファイル」ー「情報を見る」ー「ターミナルインスペクタ」を開く
  • 選択バーから「ディスプレイ」を選ぶ
  • 「日本語や中国語等ワイドグリフを使用する」「ワイドグリフは2桁とカウントする」にチェックをいれる。

 

利用の手順

ログインサーバ(login.hiroshima-u.ac.jp)にログインします 。

(login.hiroshima-u.ac.jp への接続は、学内からのみ可能です。ゾーンAも学外扱いです。)

  • 「ターミナル」を起動します。
  • 画面にプロンプト($)が表示されたら、
    ssh -l アカウント名 login.hiroshima-u.ac.jp

     と打ち込んでエンターを押して下さい。

  •  

  • パスワードを聞いてきますので、メディアセンターアカウントのパスワードを打ち込んでエンターを押して下さい。パスワードは画面には全く表示されません。
  •  

  • ログインしたら、次のようになります。このプロンプト($)の後で、さまざまな コマンド を入力することができるようになります。
  •  

  • 作業が終了したら logout と入力して ssh 接続を終了します。
ドキュメントアクション