2006-06-30 手続きのお願い : メールスプールファイルの整理にご協力お願いします(更新)

メールサービスをご利用の皆様へのお知らせです。

メールスプールファイル(サーバ側で受信メールを保存しているファイル)
が肥大化している方が多くなってきています。
メールスプールファイルが大きいまま放置すると、メール受信が遅くなったり、
受信できなくなったりします。またサーバ全体の負荷も増大します。

スプールサイズは「メールスプールサイズ通知サービス」でご確認ください。
https://www.media.hiroshima-u.ac.jp/tools/getspoolsize.php

スプールサイズが20メガバイト以上の方は以下の情報を参考にされ、メール
スプールファイルの整理にご協力お願いいたします。

※操作方法等がご不明の場合は、メールソフトの種類などメールの利用形態
 を記載して、メディアセンターまでご相談願います。

 メディアセンターお問い合わせフォーム
 http://www.media.hiroshima-u.ac.jp/modules/contact/


【 メールスプールファイルの整理方法 】

○パソコンのメールソフトで「サーバにメールを残す」設定をしていませんか?

 その場合は「サーバに残す」設定を解除するか、サーバに残す期間を
 短めに設定しなおしてください。
 (メールソフトによって設定方法は異なりますが、「オプション」や
 「アカウント」の中の「詳細設定」で設定できることが多いようです。)

○ウェブメールを利用している場合、「受信箱」の中で不要なメールは削除し、
 必要なメールは別のフォルダに移動させてください。

○携帯電話などに転送している場合、転送設定で「メールのコピーをサーバに
 残す」設定にしていませんか?

 その場合は定期的にパソコンのメールソフトでも受信するか、「サーバに
 残す」設定を解除して下さい。


記事中のURLはリンク切れになっている場合がありますが、ご了承ください。

Information Media Center, Hiroshima University.