2007-10-12 新サービス・サービス更新 : 「迷惑メール振分・メール転送サービス」が開始されました

情報メディア教育研究センターでは、きたる10月16日(火)正午をもって現在提供中の「迷惑メール削除サービス」を廃止し、新サービス「迷惑メール振分・メール転送サービス」を開始します。

新サービスの利用方法等詳細については、下記をご覧ください。
−トップ 》》サービス一覧
 迷惑メール振分・メール転送サービス
http://www.media.hiroshima-u.ac.jp/modules/tinyd0/index.php?id=119
−トップ 》》FAQ(よくある質問と回答)
 迷惑メール振分・メール転送サービス
 http://www.media.hiroshima-u.ac.jp/modules/xoopsfaq/index.php?cat_id=13

以下では、新サービスの概要についてお伝えします。

新サービス「迷惑メール振分・メール転送サービス」では、従来のサービスに比べて次の点が改善されます。


 ・迷惑メールはすぐに削除されるのではなく、メールサーバ内で自動的に振り分けられます。
・迷惑メールとして振り分けられたメールは、利用者自身がウェブメール(Active!Mail)を使って確認することができ、差し戻すこともできます。
 ・迷惑メールとして振り分けられたメールは、受け取り日から10日が経過すると、自動的に削除されます。
 ・特定の差出人からのメールは必ず受信できるようにする、ホワイトリスト機能を追加します。

なお、これまで提供してきたセンターメールサーバから他のメールアドレスへのメール自動転送およびメール振分機能は、10月16日以降は迷惑メール振分サービスと統合されます。

「迷惑メール振分・メール転送サービス」を利用するには、10月15日午前10時に提供される予定の「センター利用登録システム」新画面からの設定が必要です。
従来のサービスからの引き継ぎ方法は次のようになります。

(1)「迷惑メール対策」を設定していた利用者の方(メーリングリスト以外)

★【重要】設定は引き継がれません。★
10月16日正午に現在の削除サービスを廃止しますので、それ以降全てのメールが配送されるようになります。
「迷惑メール振分」サービスを利用するには、10月15日午前10時以降に、改めて「センター利用登録システム」から登録する必要があります。

センターメーリングリストサービスで作成されたメーリングリストに対する迷惑メール振分の利用方法については、ML管理者の方に別途お知らせします。

(2)「メール自動転送・振分設定」を設定していた利用者の方

★【重要】設定は引き継がれます。★
10月15日午前10時以降の設定変更については、「センター利用登録システム」の「迷惑メール振分・メール転送サービス」設定により行って下さい。

新たに始まるセンターサービス「迷惑メール振分・メール転送サービス」をよろしくお願いします。


記事中のURLはリンク切れになっている場合がありますが、ご了承ください。

Information Media Center, Hiroshima University.