2010-04-01 新サービス・サービス更新 : 本年度からCUP(無線LAN)への接続方法が変わります。

3/24にもお知らせしましたが、本年度からCUP(無線LAN)への接続方法が変わります。

CUPで従来から使用していたWEPに対して、近年安全性の問題を指摘する報告が多数行われております。

これを受けまして、学内無線LANのセキュリティを強化するため、2010年度からWEPと比べて安全なWPA2(AES)の運用を開始しました。

WPA2への移行期間として、2010年9月30日までの間はWEPの並行運用を行いますが、速やかなWPA2への移行をご検討ください。
※ WEPキーは2010/4/1 12:00〜13:00の間に更新します。

2010年4月からのサービスは以下の通りです。

□ WPA2接続(学内者向け)
 −ESSID:HU-CUPXX (XXは地区を表す数字)
 −WPA2による強固なセキュリティを提供します。
 −利用者全員に共通なWEPキーではなく、自分の広大IDとパスワードを使用して接続します。
 −いますぐご利用いただけます。
  接続マニュアルは以下のサイトからご覧になれます。
  http://www.media.hiroshima-u.ac.jp/modules/tinyd0/index.php?id=15
 −接続マニュアル(印刷物)はメディアセンターおよび利用場所の最寄の事務室で配布します。

□ WPA2接続(学外者向け、ゲスト利用)
 −ESSID:HU-GuestXX (XXは地区を表す数字)
 −WPA2による強固なセキュリティを提供します。
 −学外者の利用(ゲスト利用)を想定しているため、学内エリア(ゾーンBやゾーンD)への接続はできません。
 −学外者向けの「情報コンセント利用ガイド」(一般配布はしておりません)はゲストアカウントを発行するときに一緒にお渡しします。

□ WEP接続(2010/9/30までの移行措置)
 −ESSID:HiroshimaUniv-CUPXX (XXは地区を表す数字)
 −2010/9/30サービス終了。WPA2接続への速やかな移行をご検討ください。
 −セキュリティの確保のため、学内エリアへの接続を制限します。
  ※学内エリアへの接続にはVPNの利用が必要です。
 −やむを得ず利用を継続する必要がある方のため、
  o 新しいWEPキーを記載した接続情報をメディアセンターや利用場所の最寄の事務室で配布します。
  o 詳しい接続マニュアルはメディアセンターの事務室でのみ配布します。






記事中のURLはリンク切れになっている場合がありますが、ご了承ください。

Information Media Center, Hiroshima University.