共有メールボックスのIMAP設定

【注意】2020.9月以前に登録したグループ名のみ対応

メールクライアントから共有メールボックスにIMAP/POPで接続するための設定手順を説明します。
以下の例ではIMAPですが、同様にPOPでも可能と思われます。
ただし、サーバから削除してしまうと他の人は参照できなくなります。ご注意ください。
POPの場合は、サーバに残す設定にしておいてください。

「Windows版 Thunderbird 38.1.0」を例に説明しています。いくつかのポイントに注意すれば他のメールクライアントでも設定できると思われます。

設定手順

    1. メールアカウントをクリックして、「設定(E)」を選択します。
    2. 「アカウント設定」ウィンドウが開きます。
      「アカウント操作(A)」から「メールアカウントを追加(A)…」を選択します。
    3. 「メールアカウント設定」ウィンドウが開きます。
      以下の表の内容を入力し、「続ける(C)」をクリックします。
      「パスワードを記憶する(M)」のチェックは外してください。
      「パスワード(P)」に自分のパスワードを設定するのがポイントです。

      あなたのお名前(N) グループ名(Gname)※例です
      メールアドレス(L) グループのメールアドレス(gname@hiroshima-u.ac.jp)例です
      パスワード(P) 自分のパスワード(グループのメンバーである必要があります)

    4. 「手動設定(M)」をクリックします。
    5. 以下の表の内容を入力し、「再テスト(T)」をクリックします。
      「受信サーバ」の「ユーザ名」に
      自分のアカウント名@hiroshima-u.ac.jp¥グループ名@hiroshimauniv.onmicrosoft.com
      と設定します。(¥はMacOSの場合バックスラッシュになります。グループ名の部分はメールアドレスを変更している場合は変更後の文字列です)

      サーバのホスト名 ポート番号 SSL 認証方式
      受信サーバ IMAP outlook.office365.com 993 SSL/TLS 通常のパスワード認証
      送信サーバ SMTP smtp.office365.com 587 STARTTLS 通常のパスワード認証
      ユーザ名 受信サーバ 分のアカウント名@hiroshima-u.ac.jp¥グループ名(メールアドレスを変更している場合は変更後の文字列)@hiroshimauniv.onmicrosoft.com
      送信サーバ 自分のアカウント名@hiroshima-u.ac.jp

    6. 「次のアカウント設定が、指定されたサーバを調べることにより見つかりました。」と表示されたら、「完了(D)」をクリックします。
    7. メールアカウントが追加されたことを確認して、「OK」をクリックします。
    8. 共有メールボックスのメールアカウントが登録されました。