ここでは、MacOS 10.14 Mojave ,10.15 Catalina の メール( Mail ) を例に説明します。

メール(Mail)の設定手順

  1. メール]を起動します。
  1. 初めて[メール]を起動すると、以下の画面が表示されます。
    [Exchange]を選択し、[続ける]をクリックします。
  • すでに他のメールアカウントを作成している場合
    「メール」メニューより[アカウントを追加]を選択します。その後、[Exchange]-[続ける]をクリックします。

 

  1. 以下の項目を入力し、[サインイン]をクリックします。
名前 あなたのお名前
メールアドレス ********@hiroshima-u.ac.jp(広大メールアドレス)
  • Mac OS Sierra , High Sierra の場合

広大メールとパスワードを入力する画面になります。入力しサインインされると、手順6 のアプリケーションの選択画面になります。 (画像をクリックすると大きくなります)

  • パスワードについて: Sierra、High Sierra のメールは多要素認証に対応していません。多要素認証の設定をしている場合は、アプリケーションパスワードを入力してください。

広大メールとパスワードを入力し、「サインイン」をクリック

<参考>広大メールを「9文字以上の文字列@hiroshima-u.ac.jp」にしている場合は、@マークより前を「IMCアカウント」に書き換えてから「サインイン」をクリック

 

  1. 「Microsoft で Exchange アカウントにサインインしますか?」と表示さますので、[サインイン]をクリックします。
  • メールアドレスを変更している場合

広大のメールアドレスを「IMCアカウント@」ではなく「9文字以上の文字列@」に変更している場合は、サインインする画面が表示されます。@マークより前を「IMCアカウント」に書き換えて「次へ」をクリックしてください。

※IMCアカウントがわからない場合は、利用登録システム に広大IDでログインして、ご確認ください。(例:学生は、学生番号(広大ID) B20***の場合、アカウント名は、b20*** です。最初のアルファベットが小文字の学生番号になります。教職員は、職員番号ではありません。) ※画像をクリックすると大きくなります

 

  1. 広大パスワードを入力し「サインイン」をクリックします。
    • パスワードについて: Mojave、Catalina のメールは、多要素認証に対応しています。多要素認証を利用されている方はアプリケーションパスワードではなく広大パスワードを入力してください。
  1. 同期したいアプリケーションの選択画面が表示されます。「メール」にチェックが入った状態にし、「完了」をクリックします。(必要なアプリケーションがあればチェックを入れてください)

以上で設定は完了です。

参考
メール送信時の表示名(差出人)の変更方法

差出人の変更は メディアセンター利用登録システム で行います。設定方法は、以下のFAQでご確認ください。