Windows10 Outlook2016の画像で説明します。

メールの設定例

  1. スタートボタンから、プログラムの中にあるOutlookのクライアントソフトをクリックします。
    見当たらない場合は、「ここに入力して検索」欄で「outlook」と入力し、表示されたoutlookのアイコンをクリックします。
  2. Outlook へようこその画面が表示されます。
    広大メールアドレス」を入力し、「詳細オプション」の下矢印をクリックします。
  3. 「自分で自分のアカウントを手動で設定」にチェックを入れて、「接続」をクリックします。
  4. アカウントの種類を選択の画面で、「IMAP」をクリックします。
  5. 以下の表の通りにアカウントの設定内容を編集し、「次へ」をクリックします。
    受信メール 送信メール
    サーバホスト名 outlook.office365.com smtp.office365.com
    ポート番号 993 587
    暗号化方法 SSL/TLS STARTTLS

  6. 広大パスワード」を入力し、「接続」をクリックします。注意 メールアドレスが「9文字以上の文字列@」になっている場合この手順で「接続」をクリックした後、以下の画面が表示されます。
    ここでのユーザー名は「アカウント@hiroshima-u.ac.jp」を入力します。
    アカウントがわからない場合は、利用登録システム広大IDでログインをして、ご確認ください。
  7. セットアップが完了すると以下の画面が表示されるので、「OK」をクリックします。これで、設定は完了です!
    送受信をお試しください。

アカウント追加設定について

  1. 追加設定する場合は、左上の「ファイル」をクリックします。
  2. アカウント情報で「アカウント設定」をクリックします。
  3. 表示された画面で「新規」をクリックし、メールの設定例の手順でアカウントを設定します。

設定の確認方法

手順1 と同様に左上の「ファイル」をクリックします。
「アカウント情報」欄で「IMAP/SMTP」と表示されているか、確認してください。

差出人設定について

メール送信時の表示名(差出人)の変更は、利用登録システムで行います。
設定方法は、以下のFAQでご確認ください。