メールソフトの設定例

Thunderbird(SSLでIMAP受信,SMTP認証で送信の場合)の設定方法(Windows/Macintosh)

Thunderbird の設定画面は Windows, Macintosh ともにほとんど同じです。
ここでは Windows の Thunderbird(SSLでIMAP受信,SMTP認証で送信の場合)の設定画面で説明します。

  1. Thunderbird を起動します。初めて Thunderbird を起動すると、以下のウィンドウが開きます。
  1. 以下の画面で、名前と広大メールアドレスを入力し、[続ける]をクリックします。
    ※ここでは、パスワードは入力しないでください。
あなたのお名前 あなたのお名前
メールアドレス ********@hiroshima-u.ac.jp (広大メールアドレス)
パスワード ここでは、パスワードは入力しないでください!
  1. すぐに、[手動設定]をクリックします。
  1. ここで、パスワードを入力し、以下の表の通りに設定変更してから[再テスト]をクリックします。

※多要素認証を設定しいる場合、パスワードには広大パスワードではなくアプリケーションパスワードを入力します。不明な場合は「アプリパスワードの追加と削除」を参考に、新たに作成してください。

ポート番号

  受信サーバ 送信サーバ
種類 IMAP SMTP
サーバホスト名 outlook.office365.com smtp.office365.com
ポート番号 993 587
SSL SSL/TLS STARTTLS
認証方式 通常のパスワード認証
ユーザ名 メディアセンターのアカウント名@hiroshima-u.ac.jp
※広大メールアドレスと同じとは限りません。
 ・アカウント名は8文字以内の文字列です。
 ・9文字以上の人は正しいメディアセンターのアカウント名を記入してください。
 ・分からない場合は、メディアセンター利用登録システムにログインし確認してください。
  1. ” 次のアカウント設定が、指定されたサーバを調べることにより見つかりました。”と表示されたら、 [完了]をクリックします。しばらくすると画面が閉じます。
  1. これで、設定は完了です。”受信トレイ” をクリックし(パスワードを聞いてきたら入力)メールを受信してください。
  1. “受信トレイ” のフォルダは表示されているのに、その他のフォルダ(例えば、送信済みアイテムなど)が表示されていない場合は、[購読]の設定が必要です。
    該当アカウントを選択し、右クリックし、[購読]をクリックします。
  1. 購読できるフォルダの一覧が表示されますので、必要なフォルダにチェックを入れて[OK]をクリックします。
  1. チェックを入れたフォルダが表示されたら、これで完了です。
参考

<設定の確認方法>

  1. 該当アカウントを選択し、[このアカウントの設定を表示する] をクリックします。
  1. アカウント設定画面で、設定内容を確認することができます。

<同期の確認方法>

Thunderbird で IMAP の設定をすると、初期設定で “メッセージの同期” にチェックが入っています。(バージョンにもよりますのでご確認ください。)
そのため、お使いのパソコン内(ローカル)とメールサーバのどちらにもメッセージを保持する設定 になっています。メールのバックアップにもなりますが、ほとんどのフォルダを保存しますので、どのフォルダを保存しているのか確認してみましょう。

  • 上記のアカウント設定画面で、[同期とディスク領域] をクリックし、[メッセージの同期]にチェックが入っているか確認します。 [詳細]をクリックし、どのフォルダが保存されているか確認してください。