ここでは、Gmail で Office365 の広大メールを送受信する方法をお知らせいたします。
※設定例は、Windows10 のブラウザ Microsoft Edge の画面で説明しております。

メールの設定手順(POP3受信)

  1. Gmail にログインし、右上の歯車のアイコンをクリックし、[設定]をクリックします。

 

  1. アカウントとインポート」タブをクリックし、「メールアカウントを追加する」をクリックします。

 

  1. 「メールアドレス」に「広大のメールアドレス」を入力し、「次へ」をクリックします。

 

  1. 他のアカウントからメールを読み込む(POP3)」が選ばれているのを確認し、「次へ」をクリックします。(ここでは、POP3受信しか選べません)

 

  1. 以下の情報を入力し、必要な項目にチェックを入れます。(ここでは、以下の場所にチェックを入れた場合の説明をいたします。)

    ユーザー名メディアセンターのアカウント名@hiroshima-u.ac.jp
    ※メールアドレスの@マークより前が9文字以上の文字列の場合は、アカウント名に書き換えてください。アカウントがわからない場合は、こちら
    パスワード広大パスワード
    ※多要素認証されている方は、アプリケーションパスワードを入力
    アプリケーションパスワードがわからない場合は、こちら
    POPサーバーoutlook.office365.com(初期設定で入力済)
    ポート995(初期設定で入力済)

    項目
    説明
    初期設定
    (ここでの設定)
    取得したメッセージのコピーをサーバーに残すoffice365のサーバーにもメールを残す設定です。残す場合は、チェックを入れてください。チェックなし
    (チェックあり)
    メールの取得にセキュリティで保護された接続(SSL)を使用するセキュリティで保護された接続を使います。(設定必須。外すと接続できません。)チェックあり
    (チェックあり)
    受信したメッセージにラベルを付けるOffice365から受信したメールにラベルを付けて区別しやすくします。チェックなし
    (チェックあり)
    メッセージを受信トレイに保存せずにアーカイブする受信したメールを受信トレイにいれずに直接アーカイブ保存します。チェックなし
    (チェックなし)

 

  1. 受信したメッセージにラベルを付ける」にチェックを入れたら、右端の三角矢印 をクリックし、「新しいラベル」をクリックします。(ラベルの変更が必要ない場合は、このまま手順8. へ進んでください。)

 

  1. 「新しいラベル名を入力してください」に、わかりやすいラベル名(ここでは「広大メール」)を入力し、「OK」をクリックします。

 

  1. 「受信したメッセージにラベルを付ける」が以下のようになりますので、「アカウントを追加」をクリックします。

    [ 参考 ]
    以前、広大メール(@hiroshima-u.ac.jp)の送信サーバの設定をしたことがあり、設定が残っている場合は、「アカウントを追加」をクリックした後、次の手順9.ではなく、手順15.に進みます。手順15.の「送信の設定」に設定が残っていないか確認してください。変更する場合は「送信の設定」の横の「情報を編集」でできます。

 

  1. 広大のメールアドレスで送信される場合は、「はい」を、Gmail のメールアドレスで送信される場合は、「いいえ」を選んで「次へ」をクリックしてください。(ここでは、広大のメールアドレスで送信する場合を説明いたします。「いいえ」を選んでも、後から変更できます。)

 

  1. 「名前」に送信した時に表示するご自分の名前を入力し、「エイリアスとして扱います」にチェックを入れた状態で「次のステップ」をクリックします。

 

  1. 以下の情報を入力し、「アカウントを追加」をクリックします。

    SMTPサーバーsmtp.hiroshima-u.ac.jp
    ポート587(初期設定で入力済)
    ユーザー名メディアセンターのアカウント名
    パスワード広大パスワード
    「TLS を使用したセキュリティで保護された接続(推奨)」に チェック(初期設定でチェック済)

 

  1. 以下の画面が開くと、本人確認のためにGmail から 広大メール宛に確認のメールが送られます。Gmail の設定はそのままで、広大メールを確認してください。

 

  1. 広大メールを確認すると、以下のようなメールが届いていますので、「確認コード」を確認します。(ここでは、Office365のWebメールにサインインし確認した画面で説明しています。)

 

  1. Gmail の設定画面に戻り「確認コード」を入力し、「確認」をクリックします。

 

  1. 「アカウントとインポート」の画面に戻りますので、広大メールが追加されていることを確認してください。
差出人(From) の設定について
  • 広大のメールアドレスをメインで利用される場合は、①「デフォルトに設定」をクリックしてください。これにより、常に差出人(From)が広大のメールアドレスになります。
  • 受信したメールアドレスに合わせる場合(広大メール宛に届いメールへの返信アドレスが、広大メールに、Gmail に届いたメールへの返信アドレスがGmail になります)は、「デフォルトの返信モードを選択」の ②「メールを受信したアドレスから返信する」にチェックします。
  • メール送信時に「差出人のメールアドレスを確認または変更する方法」は、こちら

以上で設定は完了です。

 

広大メールの確認方法
  • 「受信トレイ」で、Gmailと 広大メール、全てのメールが確認できます。
  • 広大メールのみ確認したい場合は、「その他のラベル」をクリックします。先程作ったラベル(ここでは「広大メール」)がありますので、そこをクリックすると広大メールのみが確認できます。

 

[ 参考 ] 差出人のメールアドレスを確認または変更する方法

メールを送信する際に、差出人(From)の確認または変更したい場合があるかと思います。その時の参考にしてください。(ここでは「返信」の画面で説明いたします。)

  1. 「メッセージ」を開き「返信」をクリックします。「宛先(To)」をクリックします。

 

  1. 「From(差出人)」が表示されます。ここで確認ができます。変更する場合は、「From」のメールアドレスをクリックします。

 

  1. メールアドレスが選択できますので、使いたい「From(差出人)」を選択してください。