多要素認証とは、パスワードでの認証だけでなく別の認証要素を加えることで、より安全な認証を実現する手法です。

メディアセンターが提供する2つのID「広大ID」「IMCアカウント」を利用する認証システム(シングルサインオン認証画面)では、多要素認証に対応しています。携帯電話やスマートフォンを使ったSMS認証やアプリ認証を要求することで、システムやサービスの不正利用を防ぎ、より安全な利用が可能になります。

多要素認証は初期状態では無効になっており、利用者の申請により有効化されます。

広大IDの場合

広大IDに多要素認証を設定すると、以下のような流れになります。

  • ログインすると、別要素にコードが届きます。そのコードを入力しない限りログインできません。

 

IMCアカウントの場合

IMCアカウントに多要素認証を設定すると、以下のような流れになります。

  • サインインすると、別要素に通知があります。自分で許可しない限りアクセスできません。