パーソナルツール
現在位置: ホーム すべてのサービス セーフリンク機能

セーフリンク機能

(English version follows.)

2018年10月1日 適用開始

セーフリンク機能の概要

 正規のウエブサイトに似せた偽サイトに誘導し、IDとパスワードを盗み取ろうとする標的型メール攻撃が多発しています。標的型メール攻撃は巧妙な手口で日々進化しており、被害も増えてきていることから注意が必要です。
 
 そこで、メールに書かれたURLにアクセスした際、危険性を自動的に判別し警告を出す「セーフリンク機能」を広大メール(@hiroshima-u.ac.jp)で提供開始します。
 
 セーフリンク機能はOffice365の追加機能で、メールに含まれるURLにアクセスしようとする際に、サイトの安全性を確認するようURLが書き換えられます。そのサイトが危険だと判断された場合のみ警告画面を表示し、そうでない場合はサイトをそのまま表示します。
 
 セーフリンク機能については、以下のマイクロソフトの説明ページも合わせてご参照ください。
セーフリンク機能とは(マイクロソフトサポートページ)

 

適用条件と対象者

適用内容

  • 適用対象者宛のメール受信時に書き換えが行われます。
      外部に送信するメールには適用されません。
  • メール本文に記載されているすべてのURLが書き換えられます。
      メールの添付ファイルに記載されているURLは書き換えられません。
      HTML形式のメールは、表示URLは変更されませんが、リンク先URLが書き換えられます。

対象者

  • 本学の教職員及び学生
      ※教職員とは非常勤職員を含む本学の教職員を指します。
        ただし,広大IDの頭文字がZ, MZ, F, Xで始まる者(利用登録証を所持する者や名誉教授等)は対象外です。
      ※学生とは本学の学生証を所持する者を指します。
 

URLの書き換え例

お世話になります。

以下のサイトをご覧ください。
https://www.media.hiroshima-u.ac.jp
  •  以下のように書き換えられます(例です)
お世話になります。

以下のサイトをご覧ください。
https://apac01.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2F
www.media.hiroshima-u.ac.jp&data=02%7C01%7CXXXXX%40hiroshima-u.ac.jp%
7Caa6dfd7110644f57cc1108d5f74f57b8%7Cc40454ddb2634926868d8e
12640d3750%7C1%7C0%7C636686842506966397&sdata=
h7%2Fz%2B727%2B6LRgvn8j%2BSbaEvbJXZy7PxXztlxg1sS22
A%3D&reserved=0
 

以下のページから、セーフリンクで書き換えられる前のURLを確認することができます。(学内限定)

 
IMCアカウントと広大パスワードを入力して、ご利用ください。
 
上のテキストエリアに、セーフリンクされたURLを貼り付け、【de-safelink】 のボタンを押すと、下のテキストエリアに書き換えられる前のURLが表示されます。
 

警告画面の例

  • セーフリンク機能で、安全性が未確認の場合
null
 
  • セーフリンク機能で、危険と判断された場合
null

 

よくある質問(FAQ)

その他の質問は、「よくある質問と答え(FAQ)」の「セーフリンク」を参考にしてください。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(English)

Application started on October 1, 2018

Overview of safelink

There are many targeted mail attacks trying to steal IDs and passwords by guiding them to fake sites resembling legitimate websites.Targeted mail attacks are evolving day by day with a clever technique and attention is required since damage is increasing.
 
Therefore, when accessing the URL written in the e-mail, we will start offering a "safe link function" which automatically identifies the danger and gives a warning by HIRODAI mail (@ hiroshima-u.ac.jp).
 
The safelink function is an additional function of Office 365. When trying to access the URL included in the mail, the URL is rewritten to check the security of the site.
 
For the safelink function, please also refer to the explanation page of Microsoft below.
What is the safelink function (Microsoft support page)
 

Applicable condition and subject

Applicable content

  • Rewriting is performed when receiving e-mail addressed to the applicant.
      - It does not apply to mail sent to the outside.
  • All URLs listed in the mail body are rewritten.
     - The URL described in the attachment of the mail is not rewritten.
     - The display URL of HTML mail is not changed, but the destination URL is rewritten.
 

Available user

  • Faculty members and students
    - “Faculty members” refer to faculty members of this University, including part-time employees.  
     However, those with a HIRODAI ID that begins with Z, MZ, L, J, T or X (those with User Registration Cards), and Professors Emeritus are excluded from right of use.
    - “Students” refer to those who possess a Student ID of this University.
 

URL rewriting example

------------the content of the email---------------
Thank you for your help.

Please see the following site.
https://www.media.hiroshima-u.ac.jp
------------------------------------------------------
  • It is rewritten to a safe link as follows (example)
------------the content of the email---------------
Thank you for your help.

Please see the following site.
https://apac01.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2F
www.media.hiroshima-u.ac.jp&data=02%7C01%7CXXXXX%40hiroshima-u.ac.jp%
7Caa6dfd7110644f57cc1108d5f74f57b8%7Cc40454ddb2634926868d8e
12640d3750%7C1%7C0%7C636686842506966397&sdata=
h7%2Fz%2B727%2B6LRgvn8j%2BSbaEvbJXZy7PxXztlxg1sS22
A%3D&reserved=0
-------------------------------------------------------
 

You can check the URL before rewriting with Safe Link from the following page. (Limited to campus)

 
Please enter IMC account and HIRODAI password.


Paste the safelinked URL in the text area above and press the button of [de-safelink], the URL before being rewritten in the text area below will be displayed.

Warning screen example

  • Safe link function, if safety is not confirmed
null
 
 
  • When it is judged dangerous by safe link function
null
 

Frequently Asked Questions (FAQ)

For other questions, please refer to "Safe Link" in "Frequently Asked Questions and Answers (FAQ)".
ドキュメントアクション