[再掲] Teams会議の録画保存先が変更になっています (2021/3/29以降)

マイクロソフト社の仕様変更に伴い、Microsoft Teamsの会議機能において会議を録画した(「レコーディングを開始」で録画した)データの保存先が変更になりました。

変更日:2021年3月29日以降

チームメンバーによるファイルの削除やダウンロードを防ぐためには、事前に「Recordings」フォルダへの権限設定の変更が必要になります。

設定変更手順を下記に掲載しています。ご確認ください。
(※ 3/26のお知らせから一部手順の見直しを行いました)

———————————————————————————————————

Microsoft Teamsの会議機能において会議を録画した(「レコーディングを開始」で録画した)データの保存先が変更になります。本変更は,マイクロソフト社のStreamの仕様変更に伴うものです。変更は,2021年3月29日以降に適用されます。

これまで

適用されるライセンスによって異なっており,以下の通りです。

  • A3ライセンス付与対象者:Microsoft Streamへ自動アップロードされる
  • A1ライセンス付与対象者:ダウンロードリンクが表示される
 2021年3月29日以降
  • OneDrive for Business もしくは チームのSharePoint領域に保存されます
    • 1対1通話会議やグループチャットでの会議録画は録画実施者のOneDrive for Businessに保存
      • アクセス権限は会議に参加したメンバーにのみ付与されます。
    • チーム内のチャネルでの会議録画はグループのSharePointサイトに保存
      • アクセス権限は該当のグループ(チームメンバー)に対して付与されます。標準では,チームメンバーによるファイルの削除やダウンロードが可能です。
      • チームメンバーによるファイルの削除やダウンロードを防ぐためには,事前に「Recordings」フォルダへの権限設定の変更が必要になります(詳細は下記のPDFを確認ください)

変更後の動きについては,以下の資料(第4回伝達講習会の一部資料抜粋)をご確認ください。
※ 手順の一部修正を行いました(2021/4/8更新)

TeamsRecording-202103-02

PDFファイルのダウンロードはこちら

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

(2021/4/9 更新)
(2021/3/26 掲載)