2005-05-16 講習会・イベント : HPCサーバ初級・中級講習会

HPCサーバは、今年度4月から稼動をはじめた高度科学技術計算のための
計算資源です。HPCサーバ全体で6つのノードを有しており、ノードあたり
121ギガフロップスの演算性能と128ギガバイトの主記憶容量を持っています。
旧演算サーバと比較して見ると、演算性能、主記憶容量ともに20倍程度向上
していることになります。

この新しい計算資源を有効に活用していただくために、メディアセンターでは、
下記の日程で利用者講習会を開催します。多くの方のご参加をお待ちしています。

講習会名:「HPCサーバ初級・中級講習会」
日時:2005年5月25日(水) 17:00〜19:00
場所:広島大学情報メディア教育研究センター本館2階端末室

対象:これからHPCサーバを利用して数値計算やシミュレーションをしたい方
    及び、既存プログラムを高速実行させたい方

概要:【初級編】HPCサーバを利用したプログラムの実行方法
    ・HPCサーバへのアクセス方法
     ・最適化FORTRAN90、C、C++のコンパイル方法
     ・ジョブの実行方法
    【中級編】ディレクティブによる簡単で効果の大きいチューニング
     ・ハードウェアの特長およびプログラムの実行形態
     ・ディレクティブを用いたチューニング方法
     ・サンプルプログラムにおけるチューニング事例

申込:申込み受付は終了しました。


記事中のURLはリンク切れになっている場合がありますが、ご了承ください。

Information Media Center, Hiroshima University.