パーソナルツール
現在位置: ホーム すべてのサービス 広大メール (クラウドメール) ウェブメール(Web版 Outlook)の利用

ウェブメール(Web版 Outlook)の利用

Office365へのログイン方法

  1. 対応するブラウザで、以下のサイトにアクセスします。

    (office365 ポータル)https://portal.office.com

  2. サインイン画面が表示されるので、
    メディアセンターのアカウント名@hiroshima-u.ac.jp
    を入力し「次へ」をクリックします。

     

    • アカウント名がわからない場合は、メディアセンター利用登録システムに、広大IDでログインしてご確認ください。(広大IDとは、職員番号・学生番号・利用登録番号です。)
    • 学生の場合、アカウント名は、学生番号の英字を小文字にしたものです。
      → 学生番号(広大ID) B19***** であれば、アカウント名は、b19***** です。

    null

  3. サインイン画面が表示されますので、「メディアセンターのアカウント名@hiroshima-u.ac.jp」が入っていることを確認し、「広大パスワード」を入力して「サインイン」をクリックします。

     

    null

     

  4. サインインすると、以下の画面が表示されるので、アプリの「Outlook」をクリックします。

    null

  5. 初めてサインインすると、以下の画面が表示されるので
    言語 : 表示したい言語を選択する(ここでは「日本語(日本)」にしています)
    タイムゾーン : (UTC+09:00) Osaka, Sapporo, Tokyo
    を選択し、「保存」をクリックします。

    null

  6. Office365のメール(Web版 Outlook)が表示されます。

    null

言語表記を変更する方法

受信トレイなどの言語表記を変更する方法を説明いたします。

  1. 設定」」nullの「Outlook のすべての設定を表示」をクリックします。

    null

     

  2. 全般」の「言語とタイムゾーン」をクリックします。

    null>

  3. 言語」を使いたい言語(ここでは、English)を選択し、下の「指定した言語に合わせて既定フォルダーの名前を変更する」にチェックが入った状態で、「保存」をクリックします。

    null>

  4. 選択した言語の下に(ここでは英文ですが)「選択した言語に合わせてフォルダー名を変更するには、ページを最新の情報に更新する必要があります。」が表示されますので、「クリック」します。

    null

  5. 最新の情報にページが更新されますので、設定画面を閉じます。

    null>

  6. Outlook の画面に戻りますので、変更されていることを確認してください。

    null>

  7. 以上で受信トレイなどの、言語表記の変更は完了です。

 

ドキュメントアクション