サービスの概要

重要
広島大学情報セキュリティ対策基本計画 2019~2021 年度版(2019年9月24日 第313回役員会承認)にもとづき、クラウドメールサービス等の学外からのアクセスおよび学内ネットワークへの VPN接続について、2022年2月1日より多要素認証が義務化されます。
多要素認証義務化に関する詳細は、こちらからご確認ください
  • 多要素認証とは、パスワードでの認証だけでなく別の認証要素を加えることで、より安全な認証を実現する手法です。
  • 別要素(2要素目)として、携帯電話やスマートフォンを使ったSMS認証やアプリ認証を行うことができます。
  • 「広大ID」と「IMCアカウント」それぞれに、多要素認証を設定することができます。