サービスの概要

  • 多要素認証とは、パスワードでの認証だけでなく別の認証要素を加えることで、より安全な認証を実現する手法です。
  • 別要素(2要素目)として、携帯電話やスマートフォンを使ったSMS認証やアプリ認証を行うことができます。
  • 「広大ID」と「IMCアカウント」それぞれに、多要素認証を設定することができます。
  • 広島大学に入学および着任された方へ
    • 「広大ID」、「IMCアカウント」が発行されてから90日までの期間であれば、自分の好きなタイミングで多要素認証を設定することができます。
  • 未設定の方は、以下のリンク先を参考に速やかに多要素認証を設定してください。

多要素認証の義務化に関する概要

広島大学情報セキュリティ対策基本計画 2019~2021 年度版(2019年9月24日 第313回役員会承認)にもとづき、クラウドメールサービス等の学外からのアクセスおよび学内ネットワークへの VPN接続について、多要素認証(MFA: Multi-Factor Authentication)が2022年3月1日から義務付けられています。

対象者・対象システム

対象者

  • 「広大ID」および「IMCアカウント」(クラスアカウント、ゲストアカウントは除く)を所有する、「教職員」・「学生」・「学外者」

多要素認証対象システム

  • 「広大ID」でログインするシステム
    • Myもみじ
    • いろは
    • メディアセンター利用登録システム
    • マイクロソフト包括ライセンス
    • Moodle
  • 「IMCアカウント」でログインするシステム
    • Microsoft365ポータル
    • Microsoft Teams
    • メディアセンター利用登録システム
    • HINET ウェブ認証

多要素認証非対応システム

  • 「広大ID」でログインするシステム
    • オンライン学習支援システム:Bb9(学外からはVPNまたはMyもみじ経由でログイン可能)
    • CLEVAS(学外からはVPN経由でログイン可能)
  • 「IMCアカウント」でログインするシステム
    • ネットワーク利用申請サービス(学外からはVPN経由でログイン可能)