メディアセンターに設置してある大判インクジェットカラープリンタを使って、研究発表用のポスターなどを作成することができます。


はじめに必ずお読みください。

情報メディア教育研究センターでは、旧情報教育研究センターの頃より大学構成員に対する教育研究のサポートの一環としてポスタープリンタの利用サービスを提供してきました。
2010年10月に、サービス内容の一部見直しを行いました。

これまでのサービスからの変更点

  • サービス提供場所をメディアセンター西分室(西図書館内)から、メディアセンター本館に変更しました。
  • 私費による支払いが可能になりました。
  • 利用料金を改定しました。
    また、2016年1月に下記の変更を行いました。
  • 外部資金による支払いが可能になりました。
    また、2019年10月に下記の変更を行いました。
  • 利用料金の改定をしました。

ここ数年ポスタープリンタの利用は増加し続けています。毎年500件強のご利用があり、年々利用者数が増えています。このため、全ての利用者に希望通りのサービスを提供することが難しくなっております。

多くの利用者に可能なかぎりご満足いただけるサービスを提供するために、下記のルールを明文化することとします。ご利用の前に必ずお読みください

ポスタープリンタ出力サービスの利用規程

  • 広島大学構成員(教職員・学生)を対象としたサービスです。
  • 教育・研究目的での利用に限らせていただきます。
  • ポスタープリンタを利用される場合は、出力された量に従い、出力費用の一部を負担していただきます。
    負担金額については別表に掲げます。
  • 支払い方法は、公費と私費から選べます。
  • 同一データの印刷は2部までとします。複数枚の印刷物に関しては、学外の印刷サービスを利用してください。
    (広報用ポスターなどの印刷をされると、長時間プリンタを占領するだけでなく、運用コストもあがってしまいます。)
  • ポスタープリンタを利用する際には、必ず前日までに予約をしてください。予約無しの利用は一切受け付けません。予約が詰まっている際には、前日にご連絡いただいても利用できないことがありますので、早めの予約をお願いします。また、当日の予約変更(時間の変更・枚数の増加等)は原則としてお受けできませんので、ご注意ください。
    Please make a reservation by the day before. You cannot use our poster printer service without a reservation.
  • ポスタープリンタ利用可能時間は、平日の9:00から16:30までです。(12:00 – 13:00 を除く。最終印刷開始時刻は 16:00)
  • ポスタープリンタでの印刷操作は、基本的には利用者の責任においてお願いします。不明な点については、スタッフがサポートします

導入機種

導入している機種は、EPSON の SC-T7255 です。横幅 111 cm までのイメージを印刷することができます。また、PostScript 対応モデルですので、PS プリンタとして利用できます。プリンタの仕様についての詳細はエプソンのホームページ内にありますので、ご覧ください

利用の手続き

印刷操作は利用者の方にお願いいたします。

印刷操作に使うコンピュータは Macintosh,Windows です。コンピュータの操作に不慣れな方に対してはセンター職員がお手伝いいたしますが、この場合は予約した時間の5分前までには事務室に来ていただき、印刷操作を始められるように準備してください。

印刷にかかる時間は使用されている用紙やサイズによって異なりますが、A0 サイズを1枚印刷するのに
 マット紙、クロス:10~15分
 半光沢紙、光沢紙:15~20分
程度かかります


予約をしてください

利用を希望される方は、メディアセンター本館事務室(082-424-6252[内線:東広島6252])に前日(休日を除く)までに、直接もしくは電話で予約をお願いします。メールでの予約は受け付けません。
予約の受け付け時間は、メディアセンター本館事務室開室時間(平日 8:30 – 16:30)に準じます。
受付時間外の留守番電話での予約はお受けしておりません。当日予約は一切受け付けません。
なお、支払いの関係で、北1コープショップ休業日は私費での印刷のご予約は受け付けることができません。ご注意ください。

予約状況を公開しておりますので、ご予約の際の参考になさってください。

ご予約の際に

  • 利用を希望される日時
  • ご所属(学部、研究科等)
  • お名前
  • 広大ID(職員番号、学生番号)
  • ご連絡先(電話番号)
  • 出力するポスターのサイズと枚数
  • 作成に使用するアプリケーションソフト(ファイル形式)
  • 印刷に使用する用紙の種類(決まっていれば)
  • お支払い方法(公費または私費)

をお知らせください。

※運営費交付金,外部資金(科研費等)が利用可能です。

<外部資金をご利用の際は、次の点にご注意ください。>

  1. 事務処理上,科研費や受託研究・共同研究等の外部資金が利用できるのは,研究終了月の前々月の月末までです。それ以降は利用申込できませんのでご了承ください。
    (例:研究終了月が3月の場合,1月末日使用分まで利用可能)
  2. 受託研究・共同研究等の外部資金の場合,使途が限定されているものがあります。ポスタープリンタ出力サービスの支払いが可能かどうか,事前に各部局等の会計事務担当者にご確認くださいますようお願いします。

予約内容の変更が生じた場合は、早めにお知らせください。当日の変更(時間の変更、枚数の増加等)は、原則お受けできません


申込書を準備してください

下記の申込書に記入の上、印刷時にお持ちください。なお、申込書の支払い方法は、必ずご記入ください。

     ○ ポスタープリンタ利用申込書 PDF Word

利用上のご質問は、問い合わせフォームまたは電話(082-424-6252[内線:東広島6252)でお問い合わせください


印刷当日は

  • メディアセンター本館1階事務室にお越しください。
  • ポスタープリンタを設置している部屋への入室には、職員所/学生証が必要です。必ずお持ちください。
  • 印刷したポスターを入れるケース等は各自でご準備ください


私費でお支払いをされる方は

私費でお支払いされる方のポスター出力からお支払いの流れは、下記のとおりです。

  1. メディアセンター本館で、ポスターを出力する。
  2. メディアセンタースタッフが料金を計算して、利用者に利用申込書の控えをお渡しする。
  3. その利用申込書の控えに基づき、生協北1コープショップサービスカウンターでお支払いいただく。
  4. 生協の領収証をメディアセンタースタッフが確認した後、ポスターをお渡しする。

出力後、すぐにポスターをお持ち帰りいただくことはできません。
印刷当日は、ポスター出力後にお支払いができるよう準備してお越しください。
※北1コープショップ休業日は、私費での印刷のご予約を受け付けることができません。ご注意ください

負担金体系

利用者の方には、用紙代相当を負担していただきます。用紙はロール紙になっておりますので、出力された長さによって負担金を請求させていただきます。1mあたりの用紙代は下記のとおりです。

用紙種類 用紙幅 1mあたりの料金
マットロール紙 36inch 400円
  44inch 560円
半光沢フォトロール紙 36inch 970円
  44inch 1,210円
光沢フォトロール紙 36inch 1,260円
  44inch 1,580円
クロス* 36inch 970円

*クロスで印刷する場合、素材の微妙な凹凸により、軽いインク汚れが出ることがあります。予めご了承ください。
また、クロスは背景がベタ塗りのファイルの印刷には適しておりません(完全に乾燥しない場合があります。)ので、ファイルを作成する際はご注意ください。

36inchロール紙では A0 まで、44inch ロール紙では B0(実際には A0,B0 より若干大きい)まで出力することができます。また、一辺の長さが 36inch(91.4cm), 44inc(111.8cm)以内であれば、任意の長さでの出力も可能です。
それぞれのロール紙で一般的な用紙サイズの出力をする場合、下図のような配置になります。




出力できるファイルの種類

現在のところ、取り扱うことができるファイルの種類は下記のとおりです。(括弧内は、ポスター出力用端末にインストールされているバージョンです。)

  • Adobe Photoshop (Windows:CC 2015,Mac:CC 2014)
  • Adobe Illustrator(Windows:CC 2015,Mac:CC 2014)
  • PowerPoint, Word 等の Microsoft Office(Windows:Office2016、Mac:Office2016)
  • Canvas(Windows : Canvas 15)
  • Pages,Keynote
  • Postscript, PDF
  • JPEG, GIF, TIFF
  • その他 Photoshop で開ける形式のファイル

*Microsoft Office (主に PowerPoint) で,図形に影や 3-D 等の効果を用いると印刷できないことがあります。そのような効果を使用されている場合は,PDF に変換したものも一緒にお持ちください。

*上記以外のアプリケーションで作成されたファイルは,PDFに変換してお持ちください。