学部を卒業し大学院または特別支援教育特別専攻科等に進学された方,大学院修士課程から博士課程に進学された方は次の各項目についてご一読いただき,必要な手続きを行ってください。

進学前のアカウントの有効期限について
メールアドレスなど,アカウントに付随するサービスは卒業後も30日間ご利用いただけます。また,30日以内に利用延長の手続きを行うと,最大90日間利用することができます。
参考:アカウントを利用できる期間

下記の手続きのいくつかは,この有効期限内に行っていただく必要があります。

新しい学生証(アカウント)の受領後に必要なこと

  • アカウント利用確認
    進学後,90日以内にアカウント利用確認を行ってください。90日を過ぎますと,アカウントがロックされます。
    参考:アカウント利用確認
  • パスワードの変更
    進学時に配布された広大パスワードが,個人アカウン トと共有の初期パスワードです。初期パスワードは,90日以内に変更しないと,アカウントにロックがかかりますので、必ず変更してください。(アカウントのパスワードを変更すると同時に,広大IDのパスワードも変更されます。)
  • メールソフトの設定変更
    進学に伴いアカウントが変更になりますので,お使いのメールソフトの設定を変更する必要があります。
    参考:広大メール(クラウドメール)
  • 多要素認証の設定
    進学後,90日以内に新しい学生番号(広大ID)とIMCアカウントの多要素認証の設定をしてください。90日を過ぎると、大学内のサービスにアクセス,例えば,広大メールの送受信や学外から「Myもみじ」へログインができなくなります。

  • VPN接続の設定変更
    VPN接続を利用されている方は,接続時のアカウント名を変更してください。
    参考:VPN(SSL-VPN)サービス
  • Office製品のアカウント情報の変更
    進学前に包括ライセンスでOffice製品をインストールしていた場合は,サインインしているアカウントを変更する必要があります。
    Office製品を起動し,「アカウント」にある進学前のアカウントからサインアウトして,新しいアカウントでサインインしてください。
    また,Windows10をお使いの方で,画面左下のスタートボタンから歯車のアイコン(設定)をクリックし,「アカウント」→「職場または学校にアクセスする」に「進学前のアカウント@hiroshima-u.ac.jp」の情報がある場合は,必ず「切断」してください。
  • パソコン(Windows 10)のログイン方法の変更
    Windows 10のパソコンにログインするアカウントに「進学前のアカウント@hiroshima-u.ac.jp」を設定していると,そのアカウントの利用期限後はパソコンにログインできなくなります。利用期限内に必ずローカルアカウントへの切り替えを行ってください。
    参考:ログインアカウントの確認とローカルアカウントへの変更方法(Windows10)
  • BitLocker回復キーの保存(Windows10,Windows11)
    学部の時から同じパソコンを利用されている場合は,予めBitLocker回復キーを保存しておくことをおすすめします。
    BitLocker回復キーは,次の場所から確認・保存ができます。
    Windows スタートメニュー > 歯車のアイコン(設定)> 設定の検索欄で「BitLockerの管理」を検索し開く > 回復キーのバックアップ
    また,BitLocker回復キーは広島大学のMicrosoftアカウントに保管されている場合がありますが,進学前のアカウントに保存されているものは卒業後は確認できなくなりますので,進学前のアカウントが利用可能な間に確認しておく必要があります(予め上記の方法で確認・保存ができていれば必要ありません)。
    Microsoft365ポータルにサインイン > 右上のアカウントのアイコンをクリックして「アカウントを表示」 > 「デバイスの管理」をクリック > 対象デバイスに「BitLockerキーの表示」があればクリック

必要に応じて行うこと

  • メールアドレスの引き継ぎ
    進学前にアカウント名@hiroshima-u.ac.jp のメールアドレスから変更したメールアドレス (9文字以上の任意の文字列@hiroshima-u.ac.jp) を利用されていた場合は,新しいアカウントにそのメールアドレスを引き継ぐことができます。
    参考:メールアドレス登録・変更・引き継ぎ
  • ホームディレクトリのデータの移行
    進学前のアカウントのホームディレクトリのデータを移行したい場合は,ファイル転送ソフト等を利用すると便利です。
    参考:ファイル転送方法 (sftp/scp)

FAQからの参考情報