ホスティングサービスでは以下の種類を提供します。

標準タイプ

  • 共有ホスティング環境を提供します。
  • root権限はありません。
  • ユーザ設定およびデータ(コンテンツ、CMSなど)の維持管理をホスティング管理者で行います。

拡張タイプ

  • 標準タイプで提供される環境に追加して、占有可能な仮想マシンが提供されます。
  • 仮装マシンのスペックは以下の通りです。
    • 1vCPU,メモリ512MB,ディスク32GB
  • root権限はあります。
  • 外部から通信できるのはTCP:22(SSH)、TCP:80(HTTP)、TCP:443(HTTPS)のみです。他のポートを開けることはできません。
  • 仮想マシン全て(コンテンツ、CMS、プログラミング言語、OSの設定など)の維持管理をホスティング管理者で行います。
  • 拡張タイプのサーバ情報

 

標準タイプと拡張タイプ -機能比較-

2021年1月3日時点

 標準タイプ拡張タイプ
提供方法共有ホスティング共有ホスティング + VPS
管理方法コントロールパネルコントロールパネル + AZureポータル
占有/共有共有占有可
CPU1 vCPU
メモリ512MB
OSCentOS 7
コンテンツ領域最大10GB最大20GB
(ディスク領域はOS込みで32GB)
DNSコントロールパネルでの管理
メール転送コントロールパネルでの管理
ログイン可能可能
DB(MySQL)MariaDB 10.3調整中
DB(PostgreSQL)PostgreSQL 9.2調整中
PHP7.4.13調整中
Perl5.16.3調整中
root権限なしあり
ファイルマネージャありなし
CMSクイックインストールありなし
SSLサーバ証明書有効 (Let's Encryptを標準搭載)設定可 (ホスティング管理者で取得が必要)
Shibboleth SSO利用可 (要相談)利用可 (要相談)
WAF(Web Applecation Firewall)有効設定可 (ホスティング管理者で設定が必要)
アクセスログの確認可能可能
ホスティング管理者の管理範囲ユーザーデータ (コンテンツ・CMS)OS以上