広大パスワード(HIRODAI Password)

広大パスワード(HIRODAI Password)は、学内のさまざまなサービスを利用するために必要なパスワードです。
このパスワードが他人に知られると個人的な情報が漏洩するだけでなく、大学のシステム・資産を不正利用されることにもなります。パスワードの機密性の重要さを理解し、他人にパスワードを教えない、他人から推測されにくいパスワードを使用して定期的に変更する、などパスワードの適切な管理を行ってください。
なお、広大パスワードを用いるサービスに学外からアクセスする際は、パスワードだけでなく多要素認証が求められます。サービスを利用するために多要素認証の設定を行ってください。

広大パスワードを利用するサービス(一例)

広大パスワードを変更すると,下記(一例)のサービスを利用する際のパスワードが変更されます。

  • IMCアカウントを利用するもの [The services using IMC Account]
    • 広大メール [HIRODAI Mail]
    • Office365
    • メディアセンター端末(ICE端末) [IMC ICE PC]
    • HINET Web 認証 [HINET Web Authentication]
    • HINET Wi-Fi (HU-CUP)
    • VPN接続 [VPN Service]
    • HINET利用申請システム [HINET Registration Service]
  • 広大IDを利用するもの [The services using HIRODAI ID]
    • もみじ [MOMIJI]
    • いろは [IROHA] (※1)
    • Bb9 [Blackboard9 Virtual Learning Environment]
    • マイクロソフト包括ライセンス [Microsoft EES]
    • VODサービス [Video On Demand Service]
    • 大学図書館利用者認証 [Hiroshima Univ Library]

(※1)「いろは」の携帯電話専用パスワードは連動しません。別途パスワード変更を行ってください。

パスワードの変更方法

パスワード変更は「メディアセンター利用登録システム」にログインして変更してください。
(変更手順参照)

パスワードポリシー

  • メディアセンター推奨パスワードポリシー
    • 使用するパスワードは、下記のルールに従うこと
      • 12文字以上であること
      • 使用できる文字種(大小英文字、数字、記号)全てを組み合わせること
      • 辞書に載っているような単語や人名は使用を避けること
      • 個人情報から推測できるメールアドレスやアカウント名などを含めないこと
      • 多要素認証を設定していない場合には1年に1回以上変更する。パスワードが漏えいした場合には早急に変更する。
      • 複数のサービスで同じパスワードを使いまわさないこと
        ※特に学外のサービス(Google,Apple,Amazonなど)で使用しているパスワードと同じものは使用しないこと
    • パスワードは下記の通り取り扱うこと
      • パスワードポリシーが変更されていないか定期的に確認し、適合していない場合は速やかに変更すること
      • パスワードは1年に1回以上変更すること
      • パスワードの漏えいなどが疑われる場合は直ちに変更し、関係部署に連絡すること
  • メディアセンターパスワード変更システムでの制限
    • パスワードポリシーに加えて下記の制限があります。
      • 設定可能な文字数
        • 12文字以上60文字以下
          ※一部の学内連携システム側の仕様上、20文字以下に制限しています
      • 使用可能な文字
        • アルファベット A~Z a~z (大文字小文字を区別)
        • 数字 0~9
        • 記号 ” # $ % & ‘ ( ) * + , – . / : ; < = > ? @ [ ] ^ _ ` | ~ !
      • 使用できない文字  
          • 記号  { 中括弧開き } 中括弧閉じ ¥ 円マーク \ バックスラッシュ スペース
    • 設定できない文字列
      • 一度使用したパスワード(過去3つまで)
  • ホスティングサービスでの制限
    • パスワードポリシーに加えて下記の制限があります。
      • 設定可能な文字数
        • 12文字以上60文字以下
      •  使用可能な文字
        • アルファベット A~Z a~z (大文字小文字を区別)
        • 数字 0~9
        • 記号 ! @ # $ % ^ & * ? _ – ~ .
      • 大文字、小文字、数字をそれぞれ1文字以上
      • 記号を2種類以上

パスワードを忘れたときは

  • 個人アカウントの場合:
    パスワードは暗号化されて登録されているため、電話やメールでお問い合わせいただいても調べることができません。
    パスワード登録窓口 」に、本人確認ができる身分証(学生証または職員証)をお持ちになって直接お越しの上、パスワード強制変更を行ってください。
    事前にパスワード再設定用のメールアドレスを登録しておくと、Webから自分でパスワードの再設定を行うことができます。 →「パスワード再設定用メールアドレス登録方法」「パスワード再設定方法
  • クラスアカウント・ゲストアカウントの場合:
    登録時の初期パスワードはアカウントを配付した管理者の方がご存知のはずなので、管理者に確認してください。
    配付を受けた方がご自身で変更したパスワードを忘れた場合は、管理者にメディアセンターの窓口でパスワード強制変更を行ってもらってください。※ 管理者の職員証が必要です。
  • ホスティングサービスの場合:
    ホスティング管理用パスワードは、ホスティング管理者・副管理者が利用登録システムから変更することができます。 → 「ホスティング管理用アカウントの確認と管理用パスワードの設定方法
    ホスティング下で作成されたアカウントのパスワードは、ホスティング管理者・副管理者が変更することができます。