English version follows,

お知らせ

  • 令和3(2021)年度の実施要領は、こちらからご確認ください。

目次

「情報セキュリティ・コンプライアンス教育」について

情報セキュリティ・コンプライアンス教育は、本学の学生に対する情報セキュリティ及びコンプライアンス(法令遵守)に関する教育の必要性から、平成23(2011)年度の新入生より開始しました。その後平成24(2012)年度からは、対象を教職員を含む全構成員に拡大し、現在に至っています。本学が実施するその他の取組みとの相乗効果により、平成23(2011)年度以降の情報セキュリティインシデント発生件数は、開始前と比べて大幅に減少しています。

情報セキュリティ・コンプライアンス教育は、以下のような流れで構成されています。

情報セキュリティ・コンプライアンス教育の構成

フレッシュマン講習

本学における在籍が1年目の学生は、情報セキュリティやコンプライアンスに関する基礎知識を獲得するため、フレッシュマン講習を受講します。対象者の属性や関連する授業科目の受講状況によって受講の要否が異なりますので、下表により確認のうえ必要なものを受講してください(学部1年次生は「大学教育入門」第5章で同一の内容を受講します)。

対象者
受講の要否※1
学部1年次生「大学教育入門」第5章を受講した者
任意
「大学教育入門」第5章を欠席した者
必要
大学院M1年次生
大学院D1年次生
他大学から進学した者
本学から進学したが未受講の者
編入学生
専攻科生
非正規生(研究生、科目等履修生、日本語等予備教育生等)※2
法務研修生
任意
※1 受講が「必要」の場合でも、旧学生番号での受講が確認された場合は受講が免除されます。
※2 在籍期間が3ヶ月未満の非正規生はフレッシュマン講習の受講対象ではありませんが、可能な限り受講してください。

確認テスト(フレッシュマン講習受講後)

本学における在籍が1年目の学生は、フレッシュマン講習を受講後、確認テストで理解度の確認を行います(「大学教育入門」第5章を受講した場合は、第5章受講後の確認テストが該当します)。問題は15問出題され、12問以上の正解で合格です。合格するまで何度でも受験できます。

自己点検

本学における在籍が2年目以降の構成員は、自己点検によって過去1年間の自らを振り返り、本学が定める情報セキュリティポリシーに準じた行動をしていたかを確認します。この自己点検は、情報セキュリティポリシー実施手順「全学共通編」で定められている自己点検に該当します(加えて、独自の自己点検を実施している部局等があります)。冷静かつ正直に自らを振り返ることで、後に続くフォローアップ講習の効果がさらに高まることが期待できます。

フォローアップ講習

本学のすべての構成員は、フレッシュマン講習あるいは自己点検による振り返りの後、自身の情報セキュリティ及びコンプライアンスに関する知識の更新を目的とした、フォローアップ講習を受講します。情報セキュリティを取り巻く状況は日々変化していますので、最新の情報を入手して自身と組織を守る力を高めます。

確認テスト(フォローアップ講習受講後)

本学のすべての構成員は、フォローアップ講習を受講後、確認テストで理解度の確認を行います。問題は20問出題され、16問以上の正解で合格です。合格するまで何度でも受験できます。なお、この確認テストでの合格は、メディアセンターアカウントの利用確認/年度更新手続きを行う際の前提条件となっています。

アカウント利用確認・年度更新

メディアセンターのサービス利用者は、在籍1年目はアカウント取得後90日以内にアカウントの利用確認を、また在籍2年目以降は1年に一度アカウントの年度更新(毎年4~6月)を実施する必要があります。在籍期間中は少なくとも1年に一度の情報セキュリティ教育を受講し、その理解を深めた上で情報サービスを利用することが求められます。それぞれの手続きの詳細については、以下を参照してください(新しいタブが開きます)。

過去の実施要領・状況 / Past implementation procedure and status

  • 令和2(2020)年度の実施要領は、こちらで確認できます。
  • 令和元(2019)年度以前の実施状況は、こちらで確認できます。

お問合せ / Inquiries

  • 情報セキュリティ・コンプライアンス教育について
    財務・総務室情報部情報化推進グループ
    E-mail:
  • 情報セキュリティや情報サービスについて
    情報メディア教育研究センター
    URL: https://www.media.hiroshima-u.ac.jp/helpdesk/

English version.

Information

  • Please check here for the implementation procedure for 2021.

Index

About “Information Security and Compliance Education”

“Information Security and Compliance Education” has been started for 1st year students in 2011 due to the need for education on information security and legal compliance for our students. After that, the target has been expanded to all members including faculty and staff from 2012, and it continues to the present. Due to the synergistic effect with other efforts carried out by the University, the number of information security incidents since 2011 has decreased significantly compared to before the start.

“Information Security and Compliance Education” consists of the following flow.

情報セキュリティ・コンプライアンス教育の構成

Freshman Course

The 1st year students will take Freshman Course to acquire basic knowledge about information security and compliance. Whether or not you need to take the course depends on the attributes and the status of attendance of related classes, so please check the table below and take the necessary course (the 1st year undergraduate students will take the same course in Chapter 5 of “Introduction to University Education”).

Target
Attendance*1
1st year undergraduate studentsStudents who take Chapter 5 of "Introduction to University Education"
Optional
Students who does not take Chapter 5 of "Introduction to University Education"
Mandatory
1st year graduate studentsThose who enrolled from another university
Those who enrolled from Hiroshima university but have not attended yet
Transfer students
Advanced course students
Non-regular students (research students, students taking courses, preparatory education students such as Japanese)*2
Legal trainees
Optional
*1 Even if attendance is "Mandatory", attendance will be exempted if attendance with the old student number is confirmed.
*2 Non-regular students who have been enrolled for less than 3 months are not eligible for the Freshman course, but please take it as much as possible.

Confirmation Test (after taking Freshman Course)

The 1st year students will check their comprehension level with Confirmation Test after taking Freshman Course (if you take Chapter 5 of “Introduction to University Education”, the confirmation test after taking Chapter 5 is applicable). There are 15 questions, and if you answer 12 or more questions correctly, you will pass. You can take the exam as many times as you like until you pass.

Self-check

After 2nd year members will look back on themselves for the past year through Self-check and confirm that they have acted in accordance with the information security policy established by the university. This Self-check corresponds to the self-check stipulated in the implementation procedure “University-wide common edition” (in addition, some departments carry out their own self-test). By looking back on yourself calmly and honestly, you can expect that Follow-up Course that follows will be even more effective.

Follow-up Course

All members of the university will take Follow-up Course aimed at updating their knowledge of information security and compliance after Freshman Course or Self-check. As the situation surrounding information security changes day by day, we will improve our ability to protect ourselves and our organization by obtaining the latest information.

Confirmation Test (after taking Follow-up Course)

After taking the Follow-up Course, all members of the university will confirm their comprehension level with Confirmation Test. There are 20 questions, and if you answer 16 or more answers correctly, you will pass. You can take the exam as many times as you like until you pass. Passing this Confirmation Test is a prerequisite for Account Confirmation and Account Renewal of Information Media Center.

Account Confirmation, Renewal

The 1st year users of IMC must confirm their account within 90 days after acquiring, and after 2nd year users of IMC must renew their account one a year (April to June every year). During your enrollment period, you are required to take information security education at least once a year and deepen your understanding before using information services. See below for details on each procedure (opens in a new tab).

Past implementation procedure and status

  • You can check the implementation procedure in 2020 here.
  • You can check the implementation status before the year of 2019 here.

Inquiries