広島大学に教職員として採用された方は,次の各項目についてご一読いただき,必要な手続きを行ってください。

アカウントとパスワードについて

  • パスワードの確認と変更
    広大ID(職員番号)と一緒に付与される広大パスワードが,これから登録する個人アカウントの初期パスワードです。
    個人アカウント登録後,90日以内に初期パスワードを変更しないと、アカウントがロックされます。アカウントを登録したら、必ずパスワード変更をしてください。(広大パスワードを変更すると、個人アカウントのパスワードも広大IDのパスワードも変更されます。)

    • 初期パスワードがわからない場合は、ご所属の支援室でご確認、ご相談ください。
    • または、パスワード強制変更端末窓口でパスワードの強制変更(登録)をしてください。(職員証が必要)

    参考:パスワードについて

  • 個人アカウントの登録
    個人アカウントとは、メディアセンターのサービス(広大メールの利用,学内ネットワークへのログイン,TeamsなどのMicrosoftアプリへのサインイン、個人ホームページの公開など)を利用するためのIMCアカウントです。
    (IMCInformation Media Centerの略)
    登録後90日以内に「アカウントの利用確認」(2年目以降は、毎年度初めにアカウント年度更新)を行わないと,アカウントがロックされます。
    参考:個人アカウント登録手順
  • 多要素認証の設定
    広大ID取得後とIMCアカウント登録後各90日以内に、多要素認証の設定が必要です。90日を過ぎると、学外から大学内のサービスにアクセス,例えば,広大メールの送受信や学外から「いろは」へログインができなくなります。2022/03/01より義務化されていますので必ず設定してください。

学内ネットワークの利用

パソコン,スマホを学内のネットワークに接続することができます。
必ずパソコンのセキュリティ対策(WindowsUpdateの実施,ウイルス対策ソフトの導入・更新等)を行って,ご利用ください。
参考:HINET

学外から学内ネットワークの利用

VPNサービスを利用すると,学外から学内のネットワーク接続と同じ状態でアクセスできます。
参考:VPN(SSL-VPN)サービス

マイクロソフト包括ライセンスについて

広島大学が定める利用要領に基づいて,いくつかのマイクロソフト社製ソフトウェア製品(MicrosoftOffice等)を無償で利用することができます。
参考:マイクロソフト包括ライセンスウィルス対策ソフトウェア