このページは、情報メディア教育研究センター(以下、メディアセンター)におけるIPv6への対応状況、およびIPv6環境を利用する際の注意点について記述しています。

広島大学では、[2001:2f8:1c1::/48]のIPv6エリアを利用しています。

IPv6の設定方法

ゾーンA、またはゾーンBの場合(手動設定)

ゾーンA/Bのホストについては手動でIPv6アドレスを設定する必要があります。
割り当てられているIPv6アドレスは、ネットワーク利用申請サービスで確認できます。

ネットワーク利用申請サービスでは

IPv6アドレス 2001:2f8:1c1:ff::8529:ff0a /64
デフォルトゲートウェイ 2001:2f8:1c1:ff::1(下位64bitが::1)

 

がわかります。ネットワーク利用申請サービス上ではプレフィックス長は明記していませんが,プレフィックス長は64ビットになります。

 

ゾーンC/D/HINET Wi-Fi の場合(自動設定)

ゾーンC/ゾーンD/HINET Wi-Fiでは、ネットワーク認証終了後、IPv6アドレスは自動的に設定されます。Windowsの場合はネットワーク接続の詳細で確認できます。

図から、

IPv6アドレス 2001:2f8:1c1:40:d192:f00d:9946:66e0 …(1)
2002:8529:bddb:b:d192:f00d:9946:66e0 …(2)
一時的なIPv6アドレス 2001:2f8:1c1:40:2d05:92e2:77d9:1e59 …(3)
2002:8529:bddb:b:2d05:92e2:77d9:1e59 …(4)

 

であることがわかります。
HINETから通知されたネットワークプレフィックスに、LANアダプタのMACアドレスを基に自動生成した下位64bit(インタフェースID)を連結したもの(1)がこのホストのIPv6アドレスとなります。
また、インタフェースIDが定期的かつランダムに更新される、一時IPv6アドレス(3)があります。
一時IPv6アドレスはプライバシー保護のために使用されるもので、このホストから発信される通信の送信元アドレスとして優先して使用されます。

なお(2),(4)は「6to4」という技術により生成されるIPv6アドレスと一時IPv6アドレスです。
「6to4」について興味のある方はご自分で調べてみてください。

 

ゾーンC (手動設定)の場合

ゾーンCでIPv6アドレスを手動で設定する場合は、ゾーンごとに指定されたプリフィックスで始まるIPv6アドレスをつける必要があります。プリフィックスはネットワーク利用申請システムで確認してください。
プリフィックス以外の部分はゾーン内で複数の機器が同じアドレスを持つことがないよう注意して決めてください。

 

使用しているIPアドレスの確認方法

あなたのホストがIPv6/IPv4のどちらでアクセスしているかは、以下のサイトで確認することができます。

 

IPv6環境で使用する場合の影響について

サーバやクライアントにIPv6アドレスが付与され、それまでのIPv4通信に加えIPv6通信が併用されるようになると、以下のような現象が発生する場合があります。

  • ホームページの全部または一部が表示されない
    例:サーバでIPv4のみアクセス許可を設定している場合
  • ホームページの表示に時間がかかる(最初の1回のみ20~30秒程度)
    例:サーバがIPv4のみ対応で、v6では到達しない場合

この他、IPv6通信に起因していると思われる障害を発見した場合は、メディアセンターにご相談ください。その際、以下の情報もお知らせ願います。

  • ホストのIPアドレス(確認方法は上記のとおり)
  • 使用アプリケーションの種類
  • 利用環境(ゾーン種別など)

 

メディアセンターにおけるIPv6への対応状況

メディアセンターでは、平成20年4月のHINET2007の運用開始時より、基幹および支線ネットワークの一部において、また主要なサーバにおいても一部でIPv6の運用を行っております。IPv6については https://www.jaipa.or.jp/ipv6/ をご覧ください。

令和2年12月現在、以下のシステム/サービスにおいてIPv6をご利用になれます。
その他のシステム/サービスについては対応を検討中です。

サーバ / システムサービス対応状況
ネットワーク接続 (HINET)HINET ゾーンA/B 接続対応
HINET ゾーンD/HINET Wi-Fi 接続対応
HINET ゾーンC 接続対応
教育用情報(ICE)端末対応
DNSサーバ (ns.hiroshima-u.ac.jp)DNSサービス対応
送信メールサーバ (smtp.hiroshima-u.ac.jp)送信メールサービス (smtp)対応
homeサーバ (home.hiroshima-u.ac.jp)ホームページサービス対応
ログインサーバ (login.hiroshima-u.ac.jp)sshサービス対応
ftpサービス(学内限定)対応
WebDAVサービス対応
ホスティングサーバ (hosting-login.huc.hiroshima-u.ac.jp) sshサービス非対応
httpサービス非対応
メディアセンターウェブ (www.media.hiroshima-u.ac.jp)
非対応