パーソナルツール
現在位置: ホーム すべてのサービス ホスティング ホスティングアカウント利用方法

ホスティングアカウント利用方法

ホスティングサービス
概要

ホスティングサービス
申請・管理
(管理者向け情報)

ホスティングアカウント
利用方法
(利用者向け情報)

ホスティングアカウントでは、メールサービス・ウェブページ公開サービス・ホスティングサーバへのログインサービスが利用できます。

重要なお知らせ (2017年9月1日 更新)

2017年6月以降、ホスティングアカウントのメールサービスは、
「指定したアドレスへの転送のみ」
となっております。

  • ホスティングアカウントでメールを利用される場合は、転送設定を実施してください
    < 転送設定の指定方法 > 
  • メール送信についてのサービスに変更はありません。
    ホスティング用SMTPサーバは継続して利用できます。

 


ホスティングアカウント用利用登録システム

 ホスティングアカウント用の利用登録システムを用意しています。
 以下の操作ができます。

  • パスワード変更
  • メール転送先の設定
  • メールスプール量の確認(2017年8月まで提供します)

メールサービス

転送の設定方法

<<メールは指定した転送先への転送となります。>

メール送信設定(転送先のサーバでの指定がうまくできない場合は以下の送信サーバが利用できます)

  • サブミッションポートを利用する場合 [学外からもVPN接続なしに送信できます]
送信メールサーバー
(SMTPサーバー)

hosting-smtp.huc.hiroshima-u.ac.jp   (全てのホスティング利用者共通です)

接続方式 ポート番号 : 587
接続の保護 : STARTTLS
認証方式 : 通常のパスワード
ユーザ名 : ホスティングアカウント名
                   (例:accname@subdom.hiroshima-u.ac.jp)
パスワード:各ホスティングアカウントのパスワード
  • サブミッションポートを利用しない場合         [学内からの利用に限ります]
送信メールサーバー
(SMTPサーバー)
smtp.hiroshima-u.ac.jp
接続方式 ポート番号 : 25

ウェブページ公開サービス

ホスティングのアカウントでウェブページを公開できます。URLは以下になります。

http://(任意のホスト名).ホスティングドメイン名/~ホスティングアカウント名/

 (例:http://www.mylab.hiroshima-u.ac.jp/~mypage/)

ここで、(任意のホスト名)となっている部分は、管理者がDNSで設定した名称になります。
管理者がDNSサービスを利用し、ウエブサービスの仮想IPアドレスに対して名前を登録する必要があります、
ホスティングアカウント名を省略した公開も可能です (例:http://www.mylab.hiroshima-u.ac.jp/)。その場合は、[admin]アカウント内の「public_html」以下にコンテンツを置いてください。

なお、ホームディレクトリ容量はドメイン単位の制限で10GBです。アカウントごとの制限ではありませんのでご注意ください。

PHPについて

PHPは5.6系,7.0系の2種類を提供しています。(5.4系の提供は2017/9/29をもって終了しました。)
設定方法は センターサーバでのPHP利用について をご覧下さい。

SSH/SFTP/SCP ログインサービス

サーバにSSHログインして直接ファイルを操作できます。
ホームページ公開のためのアップロードも同様の方法で行います。ファイル転送はSFTP/SCP のみ対応です。FTPは利用できません。学外からもアクセスできます(VPN接続は必要ありません)。

接続先ホスト名 hosting.huc.hiroshima-u.ac.jp  (全てのホスティング利用者共通です)
ユーザ名 ホスティングアカウント名  (例:accname@subdomain.hiroshima-u.ac.jp)
パスワード ホスティングアカウントのパスワード

 

ドキュメントアクション