パーソナルツール
現在位置: ホーム すべてのサービス 広大メール (クラウドメール) iOS標準メーラー設定例(Exchange設定)

iOS標準メーラー設定例(Exchange設定)

  • メール(Mail)の設定手順
  • 知っとこ情報
    • メール送信時の表示名(差出人)の変更方法
    • 同期するメールの期間の変更方法
    • 広大パスワードを変更した場合

 

メール(Mail)の設定手順

 ここでは、 iOS 12.2 の 標準メーラー 設定アイコンメール」を例に説明します。
 (旧バージョンの、 iOS 9.3 の設定例は、こちら

 

  1. ホーム画面の 設定アイコン  [設定]をタップします。

     

  2. アカウントとパスワード」をタップします。

     

    null

     

  3. [アカウントを追加]をタップします。

     

    null

     

  4. Exchange」をタップします。

     

    null

     

  5. メールアドレスとその説明(ここでは、広大メールにしています)を入力し、「次へ」をタップします。

     

    メール ******@hiroshima-u.ac.jp(広大メールアドレス)
    説明 広大メール(わかりやすい名前に変更してください)


    null

     

  6. しばらくすると以下のようなメッセージが表示されますので「サインイン」をタップします。

     

    null

     

      • サインインをタップした後、以下の画面が表示された場合には、
        職場または学校アカウント」をタップしてください。

         

        null

     

  7. サインインの画面が表示されますので、組織アカウントが正しいことを確認し、広大パスワードを入力して「サインイン」をタップします。

     

    [注意]組織アカウントは、アカウント名@hiroshima-u.ac.jp になります。広大のメールアドレスを「アカウント名@」ではなく「9文字以上の文字列@」にしている場合は、@マークより前を「アカウント名」に書き換えてからサインインしてください。

     

    null

     

  8. 初めて設定する場合には、以下の画面が表示されますので、「承諾」をタップします

     

    null

     

  9. 同期したいアプリケーションの選択画面が表示されますので、「メール」をオンにし、「保存」をタップします。(必要なアプリケーションがあればオンにしてください)

     

    null

     

  10. 完了すると以下の画面に戻り、アカウント一覧の中に「設定手順5.の”説明”」で入力した(ここでは「広大メール」)文字列が増えています。

     

    null
  11.  

    以上で設定は完了です。
    後は、ホーム画面の 設定アイコン  「メール」をタップし、広大メールを確認してください。

 

知っとこ情報

メール送信時の表示名(差出人)の変更方法

変更は、メディアセンター利用登録システムで行います。設定方法は、以下のFAQでご確認ください。


同期するメールの期間の変更方法

メールの同期する期間は、標準で「一週間」に設定されています。以下の場所で、変更可能です。
※全てのメールを参照したい場合は、「制限なし」に設定してください。

  1. 設定」-「アカウントとパスワード」をタップします。
  2. アカウント一覧にある「広大メール(上記通りの設定をした場合)」をタップします。

     

     

  3. [同期するメールの期間]をタップし、開いた画面で期間を選択してください。
    • 広大パスワードを変更した場合は、「アカウント」をタップし、開いた画面で登録しなおしてください。

     

     

広大パスワードを変更した場合

新しいパスワードの入力を求めてくるので、下記手順で設定を行ってください。
  1. 以下の画面が表示されたら、「設定を編集」をタップします。


  2. 「パスワードとアカウント」の画面に飛びます。アカウント一覧の中に「設定手順5.の”説明”」で入力した(ここでは「広大メール」)文字列をタップします。

    null



  3. パスワード再入力」をタップします。


  4. 組織アカウントを使用してサインインの画面が表示されます。
    新しいパスワードを入力し、「サインイン」をタップします。


    以上で設定は完了です。
 
 
ドキュメントアクション